Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://metropolitandiary.blog129.fc2.com/tb.php/101-a523bb57

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

偶然

Dear diary:

ペンシルバニア大学の女子バレーボール部でチームメイトだった友達と一緒に(二人とも今はニューヨーカーです)後輩たちのバレーボールの試合を観に行きました。Ivy League の試合で、相手はコロンビア大学です。場所はマンハッタンのモーニングサイドハイツでした。

地下鉄に乗ると座席にブラックベリーが置き忘れられているのを見つけました。ロックされていて操作はできないようになっていましたが、持ち主がきっと電話をかけてくるだろうからそのときに返す方法を相談すればいいと思い、そのまま持って会場に向かいました。

試合の中ほどになると、予想通り、ブラックベリーが鳴りました。持ち主の男性によると西86番通りの友人宅に居るとのことでした。たまたま私は西85番通りに住んでいるので、試合が終わった後、近くで待ち合わせることにしました。

念のため私の携帯番号を教えて欲しいというので、「914・・・」と教え始めると、「おっ、それはウェストチェスターの番号だね。僕はウェストチェスターのパウンドりッジに住んでるんだよ」と言いました。

「えー、ほんとですか、驚きだわ。だって私、パウンドりッジ小学校に通ってたんですよ」

「ほんとに!? 君、何ていう名前なんだい?」

「ミーガン」

「ミーガン? ミーガン・シュロートじゃないよね」

「ミーガン・シュロートです」

「メグ! スポルターだ、バレー部の監督のスポルターだよ!」

なんてことかしら、このニューヨークシティに一体いくつのブラックベリーがあるのか知りませんけれど、私が拾ったのは、高校時代のバレーボール部の監督さんの持ち物だったんです!

打ち合わせた通り、監督に会うことができました。お礼にと二本のワインをいただきました。でも、予期せぬ恩師との再会はそれよりもっともっと価値ある報酬でした。

Meghan Schloat
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://metropolitandiary.blog129.fc2.com/tb.php/101-a523bb57

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

metro

Author:metro
metro172をフォローしましょう
にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ
人気ブログランキングへ
Click here ↑↑ everyday. Thanks!!

当ブログはリンクフリーです

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。