Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://metropolitandiary.blog129.fc2.com/tb.php/112-615a715e

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

人生の分かれ道

Dear Diary:

初めてニューヨークにやってきた友人を連れてウォールストリートの周辺を案内して歩いていたときのこと。友人はユタ州からやってきた牧場主で、いかにもそれにふさわしいいで立ちでキメテいた。ビシッとしたブルージーンズに、カウボーイハット、磨き上げられたカウボーイブーツ、ベルトには若いころ活躍したロデオ大会の賞品の大きな銀のバックルが輝いている。

私たちはダウンタウンのせわしない人ごみに交じって、メイドンレーンとブロードウェイの交差点で信号待ちをしていた。ちょうど隣にダークブルーの仕立ての良いスーツに身を包んだ若いビジネスマンが並んで立った。ウィングチップの靴に、アタッシュケースを手にして我々同様信号待ちをしていたのだが、私の友人のいで立ちに興味をもったのか、頭のてっぺんからつま先までしげしげとながめるのだった。

そして信号が変わって歩き始めると、その若者が誰に言うともなく、つぶやく声が聞こえた。

「そうさ、俺は本当はあんな格好をしていたかったんだ、こんな格好じゃなくて・・・。」

Joan Traub
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://metropolitandiary.blog129.fc2.com/tb.php/112-615a715e

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

metro

Author:metro
metro172をフォローしましょう
にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ
人気ブログランキングへ
Click here ↑↑ everyday. Thanks!!

当ブログはリンクフリーです

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。