Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://metropolitandiary.blog129.fc2.com/tb.php/169-11311339

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

make one's day

DEAR DIARY:

バスの中で携帯電話を使う連中の無神経さにはもう我慢ならない、今度そんな場面に出くわしたら、ガツンと言ってやろう・・・、と思っていた。

2月の大雪の降った日の翌日、アベニュー・オブ・ディ・アメリカスのバス停からバスに乗った。しばらくすると14丁目のバス停から若い女性客が乗ってきて私の後ろの席に座った。そして、座ると同時に携帯電話をかけ始めた。私は彼女をに向かって何か一言言ってやろうと身構えた。しかし、彼女の話す声に、思わず聞き入ってしまった。

「おじいちゃん、元気にしてる?何も変わりない?愛してるわ。ヘルパーさんはどう?そう、安心したわ。彼女にもよく言っといてね、いつも有難うって。昨日は行けなくてごめんなさいね。雪がひどくってとてもじゃないけど行けなかったの。土曜日の朝にはきっと行くから。その時に支払いも全部私がやっとくから。うん、心配しなくていいのよ。お部屋は片付いてる?うん、私がちゃんとするから。それからベーグル持っていくわ。ほかに何か欲しいものない?何でも持って行くから言ってね。あ、それからヘルパーさんにはこないだの玉ねぎをまた持っていくようにするわ。とても気に入ってたみたいだから。うん、じゃあまた電話するから。元気でね。ラブユー、バイ!」

私は電話を終えたばかりの彼女に向かって話しかけずにはいられなかった。

「感心しましたな!今のお電話聞こえてたんですけどね。とてもお優しいんだね。いいお話を聞かせてもらって御礼を言いたいくらいですよ。あなたのおじいさんに是非伝えてくれませんか、おじいさんはこの街で一番の幸せ者だって。私にも何人か孫がいるんだが、いずれ大きくなったら、本当にあなたのように優しくて思いやりのある大人になってくれることを切に願いますな」

彼女は最初驚いた様子だったが、「そう言っていただいて有難うございます」とにこやかに微笑んだ。こちらも感謝の気持ちで一杯だ。彼女のおかげで良い日になった。

Martin Richter

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
訳者注:
最後の部分、原文は "She told me that I made her day. She had made mine." です。
「make one's day」という、感謝や喜びの気持ちを表す決まり文句が、スッキリ使われていて語調がいいですね。一方、訳文では、意味はともかく、語調が完全に失われています。難しいところです。
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://metropolitandiary.blog129.fc2.com/tb.php/169-11311339

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

metro

Author:metro
metro172をフォローしましょう
にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ
人気ブログランキングへ
Click here ↑↑ everyday. Thanks!!

当ブログはリンクフリーです

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。