Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://metropolitandiary.blog129.fc2.com/tb.php/20-16e9e9e9

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

まかしとけ!

Dear Diary:

何年か前の五月のお話です。結婚したばかりの私たちはハネムーンに出かけるためにケネディ空港に向かう準備をしていました。私たちのハネムーンはアルメニア、マレーシアそして台湾と、それぞれの家族を訪問してまわる、ちょっとした世界一周旅行なのです。そして、今回の旅は私たちにとって、ニューヨークでの生活に別れを告げる旅でもありました。ハネムーンが終わると私たちはフィラデルフィアで新しい生活を始めることになっていたからです。

最後のスーツケースを詰め終わって、ようやく準備万端整いました。あとは予約しておいたハイヤーに乗って出発するだけです。けれども、いつまでたってもハイヤーはやってきません(ニューヨークではよくあることです)。私たちはこれ以上待てないとあきらめて、地下鉄を利用することにしました。

無事地下鉄に乗って二駅進んだとき、何か線路上で問題が起きたらしく、全線運行中止というアナウンスが流れました(これもこの街ではよくあることです)。ショックでした。私たち二人は大きなスーツケースやバッグを抱えていて、とても疲れていたし、ものすごくあせっていました。もう本当に飛行機に遅れそうになっていたので、とにかく地上に飛び出して、タクシーを呼び止めました。このタクシーがマンハッタンの渋滞を飛び越えて行くような奇跡を起こしてくれないかしらと祈りながら・・・。

タクシーに乗ると、運転者登録証に書かれた名前で、その運転手さんが、なんと、アルメニア人であるということが分かりました。しめた!これはチャンスだと思って、私は運転手さんに、私もアルメニア人だということ、飛行機に遅れそうで困っていること、飛行機の行き先はアルメニアで、隣に座っている結婚したばかりの夫を故郷の家族に紹介するつもりだということなどを、早口で懸命に訴えました。運転手さんは、「よし分かった!絶対間に合わせるって、まかしとけ!」と、興奮気味に請合ってくれました。そこからの運転といったら、まるで映画のシーンみたいなものすごい運転でした。しかもその芸術的な運転の間じゅう、自分たちの長い夫婦生活の中でのできごとを面白おかしくしゃべり続けているのでした。

こうして、私たち二人はなんとか飛行機に間に合って、そこから素晴らしいハネムーンの旅に出かけることができたのです。それにしてもあの日のタクシーのことが忘れられません。ニューヨークでの暮らしにお別れを告げる最後の日に、本当に素晴らしい経験をさせていただきました!

Shooshan Danagoulian
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://metropolitandiary.blog129.fc2.com/tb.php/20-16e9e9e9

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

metro

Author:metro
metro172をフォローしましょう
にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ
人気ブログランキングへ
Click here ↑↑ everyday. Thanks!!

当ブログはリンクフリーです

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。