Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://metropolitandiary.blog129.fc2.com/tb.php/203-d46f0234

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

ドレスシャツ

DEAR DIARY:

それは1960年代の後半のことだった。私はクイーンズに住んでいて、ブルックリンにある大学に通う学生だった。マンハッタンの34番通りにある紳士物の高級シャツ専門店でバイトをしていたときの話だ。その頃、その店に置いてあった流行りのドレスシャツと言えば、大胆なデザインで濃い目の色、例えばネイビーブルー、チャコールグレイそして黒、といったものだった。

ある日の夕方遅く、中年の夫婦が店内を見てまわっていた。夫は仕立ての良い背広にきちんとネクタイをしめて、ビジネスマンとして非の打ちどころのない身なりをしていた。棚の上に並べられたシャツに目をとめると品質を確かめるように生地に触って、「うむ、良くできている」とつぶやいて、色違いのものを二種類、それぞれ2着ずつ包んで欲しいと言った。

カウンターでシャツを包装していると、奥さんの小声で繰り返す言葉が耳に入った。

「ハリー、そのシャツおかしいわ、ねえハリー、すごい変よ、そのシャツ」

夫は奥さんの方を見向きもしないで、こう答えた。

「ああ、いつか、こんな変な格好もしてみたいと思ってるんだ」

あれから半世紀近くたったのだが、朝、何を着ようかと迷うとき、今でもその時のことをを思い出して苦笑してしまう。

Robert J. Katz

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
訳者注:
奥さんの言葉、原文は「"Harry, those shirts are ugly. Harry, those shirts are ugly."」
夫の答え、原文は「"Some days I like to look ugly."」

第二の人生、自由な生き方へのささやかな願望です・・・。
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://metropolitandiary.blog129.fc2.com/tb.php/203-d46f0234

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

metro

Author:metro
metro172をフォローしましょう
にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ
人気ブログランキングへ
Click here ↑↑ everyday. Thanks!!

当ブログはリンクフリーです

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。