Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://metropolitandiary.blog129.fc2.com/tb.php/209-e882c340

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

勘違い

Dear Diary:

私たち友人同士の間では、バーンズ&ノーブルで待ち合わせすることが多いです。店内はとても広いし、静かで雰囲気もいいし、ソファや椅子がさりげなく置いてあって、ゆっくり落ち着いて座れるのがお気に入りです。最近はそれだけじゃなくて、店によってはコーヒーやちょっとしたケーキを出す、カフェがあったりもして、益々楽しみが増えました。

何年か前のことですが、お友達と出かける約束をしていて、どうせならバーンズ&ノーブルで食事をしましょう、ということになりました。食事のメニューまであるのかどうかよく知らなかったので、お店に電話をかけて聞いてみることにしました。

「カフェにサンドイッチ、置いてますか?」と尋ねると、電話をとった若い店員さんはちょっと口ごもりながら「少しお待ちください」と言った後、また電話口に戻ってきて、こう言いました、「すいません、著者の名前教えてほしいんですけど・・・。」

Sheila Strasser

BN.jpg


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
訳者注:
店員さんとのやりとり、原文はこうです、「 ''Do you have sandwiches in the cafe?'' The young woman who took my call hesitated and then said, ''Hold on please.'' When she returned, she asked, ''Who wrote it?'' 」

バーンズ&ノーブルは全米最大の書店チェーン。大規模で、落ち着きのある、くつろぎ易い店づくりを特徴としている。
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://metropolitandiary.blog129.fc2.com/tb.php/209-e882c340

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

metro

Author:metro
metro172をフォローしましょう
にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ
人気ブログランキングへ
Click here ↑↑ everyday. Thanks!!

当ブログはリンクフリーです

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。