Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://metropolitandiary.blog129.fc2.com/tb.php/259-4c998043

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

迫真の演技

Dear Diary:

映画の撮影で、ホームレスの役を演じているときのことだった。場所はマンハッタンの高級ホテル、プラザホテルの前の噴水のあたりだ。私はもじゃもじゃに伸びたひげに汗と垢に汚れた顔をして、もちろん服はぼろぼろで、力なくベンチに腰掛けている。横にはがらくたを詰め込んだ買い物カートが置いてある。

いつものことだが、映画の撮影現場というのは道行く人々の注目を集めるものだ。そのあたりには結構な人だかりが出来ていて、大勢の人が、カメラや俳優の動きを興味深く見物していた。そのうちクルーが移動して来て私の座っているベンチの方にカメラが向けられた。それに応じて見物人たちもこちらに目を向ける。すると見物人の中の一人が大きな声をあげた。

「なにやってんだよ、可哀想じゃないか! わざわざホームレスの人を撮るなんて! そっとしといてあげろよ!」

映画の撮影クルーはびっくりしてその男をにらみつけた。すると、もう一人別の男が追い打ちをかけた。

「どうしてそういうことを平気でするかねー? ちょうど都合のいいショットだって訳?」 

さらに怒りの声は続く。「少なくとも何がしかの謝礼くらいは支払うべきじゃないのか?」

誤解を解こうと監督が叫んだ、「この人は役者なんですよ!」すると最初に声をあげた男が言い返した。「ああ、そうかい。それなら俺はドナルド・トランプだ」そしてそのまま近づいてきて、私の肩を叩いてこう言うのだった。「さあ、行こう。こんな連中にかまってやることなんかないよ」

このときの監督は女性だったんだけど、それは怒ったね、ついに堪忍袋の緒を切らして怒鳴ったよ。「ちょっと待って! その人はプロの役者だって言ってるでしょ!衣裳を着てるんですよ!ホームレスの役をやってるんですよ!撮影の邪魔しないでちょうだいっ、このオタンコナス!!」

大勢の見物人たちは女性監督の剣幕に唖然とし、次にその真偽を確かめるために、そろって私の方を見た。全員の目が「本当かい?」と尋ねていた。私は無言で何度かうなづいた。

こうして無事に、撮影は続いた。。。

Jerry Rockwood
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://metropolitandiary.blog129.fc2.com/tb.php/259-4c998043

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

metro

Author:metro
metro172をフォローしましょう
にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ
人気ブログランキングへ
Click here ↑↑ everyday. Thanks!!

当ブログはリンクフリーです

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。