Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://metropolitandiary.blog129.fc2.com/tb.php/349-b2f47529

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

誕生日のお祝い

DEAR DIARY:

その日、ペッパー夫妻は夫のダン・ペッパー氏の84歳の誕生日をお祝いするために二人でお出かけしました。まずリンカン・センターでオペラを観て、その後、妻のバニーさんが選んだレストラン、「ピショリ―ン(Picholine)」でディナーです。とても美味しいお料理を楽しんだ後、「Happy Birthday!」というチョコレートの文字にふちどられたお皿に、デザートのケーキが運ばれてきました。すると隣りのテーブルにいた女性がペッパー氏に、「お誕生日おめでとうございます。おいくつになられるんですか?」と尋ねたのです。ペッパー氏は、84歳と答え、さらに、自分は77歳になるこの女性(バニーさんのこと)と今年の初めに結婚したばかりの新婚さんなんだよとつけ加えました。その女性はとても感銘を受けたようで、まわりのテーブルの人たちと一緒に、この新婚の老夫婦のために乾杯したのです。

こうしてディナーを終えて、ペッパー夫人が支払いをしようと財布に手をやると、お店の人がやってきてこう言ったのです。「今夜のディナーはある匿名の方から、お二人へのプレゼントということです。お代はすでにいただいております。『お二人のご長寿と幸福をお祈りします』とのことでした」

ペッパー夫人のリアクション: 「年寄り二人、腰が抜けちゃうわ、ニューヨークって、なんて素晴らしい街!」

Picholine 1st Dining Room
Picholine

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
訳者注
最後のセリフ、原文はこうです、「''Two seniors sat stunned. New York, it's a wonderful town.''」
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://metropolitandiary.blog129.fc2.com/tb.php/349-b2f47529

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

metro

Author:metro
metro172をフォローしましょう
にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ
人気ブログランキングへ
Click here ↑↑ everyday. Thanks!!

当ブログはリンクフリーです

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。