Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://metropolitandiary.blog129.fc2.com/tb.php/368-27dc11e0

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

空港でのリサイタル

DEAR DIARY:

私のお友達に若い女性ヴァイオリニストがいて、あるとき、楽団のオーディションを受けるためにニューヨークにやってきました。行き帰りの飛行機は楽団がアレンジしてくれた格安チケットのものだったそうです。オーディションが終わって空港に急いだのですが、午後八時のフライトに乗り遅れてしまって、翌朝6時の飛行機まで空港で待つしかない、という状況に陥ってしまったのです。最初の1-2時間は雑誌や新聞を読んで過ごしのですが、それにも飽きて、すっかり気落ちして、彼氏に電話することにしました。同じヴァイオリニストの彼氏に、今どんなにみじめな思いでいるか聞いてもらいたかったのです。すると彼はこう言ったそうです、「元気出せよ、せっかくの時間なんだからさ、ヴァイオリンの練習に使えばいいじゃないか」

そうして彼女はケースからヴァイオリンを取り出したのです。簡単な指使いの練習から始めて、本格的に弾いてみることにしました。空港のロビーはがらんとしています。清掃係の人たちが何人かと、彼女と同じように朝までここで過ごすはめになってベンチで寝ている人が何人かいるだけでした。彼女が演奏を始めてしばらくすると、近くにいた清掃係の人が、仲間の清掃係を呼んできて一緒に聴いてもかまわんかねと尋ねました。バケツやモップ、ゴミ箱をのせた大きなカートを押して係の人たちが何人も集まってきました。ヴァイオリニストは清掃係の人たちに向かって、皆さんどうぞそこのベンチに腰かけて下さいと待合室のベンチに誘導すると、その前に立ってあらためて演奏を開始しました。曲はクライスラーやモーツアルトの名曲です。

演奏が終わって彼女が深々とお辞儀をすると、聴衆の熱狂的な拍手と歓声がロビーに響きました。清掃員の一人が隣りの同僚にこんな言葉をかけています、「この仕事やっててよ、まさか生演奏でモーツァルトが聴けるとは思わなかったよな!」 彼女はこのときのことを、今までの人生で一番印象に残るリサイタルだったって、目を輝かせながら教えてくれたのです。

Ginger Kuper
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://metropolitandiary.blog129.fc2.com/tb.php/368-27dc11e0

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

metro

Author:metro
metro172をフォローしましょう
にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ
人気ブログランキングへ
Click here ↑↑ everyday. Thanks!!

当ブログはリンクフリーです

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。