Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://metropolitandiary.blog129.fc2.com/tb.php/39-bf8eeb8b

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

ニューヨーク出張

Dear Diary:

先日、大事な顧客との打ち合わせのために出張でマンハッタンを訪れた。そのとき経験したある出来事は、ニューヨークについての私の印象を根本的に変えるものだった。

私はタクシーに乗って空港からマンハッタンへ向かった。目的地に着くと、まずスーツケースを歩道に降ろし、財布を取り出して支払を済ませ、さらにブリーフケースと旅行バッグを座席から引きずり出した。これで準備OKだ、時間もぴったり、会議室に直行だ。

すべての荷物とともに歩道を歩き始めた時、何となく、何かが変だと感じた。念のためズボンの後ろポケットに手をやってみると・・・、まずい!財布がない!

私はそのままミーティングに参加した。もちろん心ここにあらずだ。現金も、クレジットカードも、帰りの飛行機のチケットもない。しかもここはニューヨークだ。一体どうしたらいいのか・・・。

会議が始まって10分ほどたったろうか、部屋のドアが開いて受付係りが若い女性を一人案内してきた。

この女性は私が降りたあと、たまたま同じタクシーに乗り、財布を見つけたのだ。彼女はすぐに運転手に事情を話し、私を降ろしたところまで車を移動させ、財布の中から私の勤務先の電話番号を見つけてオフィスに電話をかけ、ミーティングの場所を聞き出し、ビルの7階のこの会議室まで、私に財布を届けにきてくれたのだ。

それだけではない。お礼をしたいからと、何度たずねても、彼女は決して自分の名前と住所を教えてはくれなかったのだ。

そういうことなので、今日にいたるまであなたがどなたか知らぬままですが、この場を借りて、あなたの優しさと正直さに、心から感謝の気持ちをお届けさせていただきます。本当に有難うございました!

Ted Dintersmith
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://metropolitandiary.blog129.fc2.com/tb.php/39-bf8eeb8b

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

metro

Author:metro
metro172をフォローしましょう
にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ
人気ブログランキングへ
Click here ↑↑ everyday. Thanks!!

当ブログはリンクフリーです

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。