Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://metropolitandiary.blog129.fc2.com/tb.php/405-14368fdd

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Cigar Guy

Dear Diary:

去年のクリスマスの時のことだ。その夜はディナー・パーティーがあるので、五番街を歩いて会場に向かっていた。私は普段はタバコは一切吸わない。しかし一年に二度だけ、葉巻をふかすことにしている日がある。この夜のパーティーはそのうちの一つで、ディナーのあと葉巻をふかすつもりで、内ポケットに一本ひそませていた。

西57番通りの交差点まできて信号待ちをしていると、中年の女性から、「すいません、火を貸していただけませんか?」と声をかけられた。一瞬、何か映画の一シーンが思い浮かんだ。一年にたった二度だ。私がライターを持ち歩いているなんて、ほんとに、まずありえないことなのだ。しかし、もちろん、その時、私のポケットにはライターが入っていた。私はいかにも何でもない風を装って、さりげなく彼女のタバコに火をつけた。そして信号が変わるとまたそれぞれの道を進み始めたのだ。

Chris Holleran

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
訳者注:
アメリカではタバコはもはや完全に市民権を失っていて、タバコを吸う人は(不当にも)軽蔑されるくらいの勢いにまで達していると思われますが、葉巻(シガー、cigar)については、ある一定の条件のもと、いまだにその地位を少しは保っているように思われます。もちろん昔に比べればずっと少なくなってはきているのでしょうけれど、タバコと葉巻は別物で、時と場所さえわきまえていれば、葉巻は(紳士のたしなみとして)OKという感じがあるような気がします。何故なんだろう・・・?


「Cigar Guy」
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://metropolitandiary.blog129.fc2.com/tb.php/405-14368fdd

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

metro

Author:metro
metro172をフォローしましょう
にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ
人気ブログランキングへ
Click here ↑↑ everyday. Thanks!!

当ブログはリンクフリーです

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。