Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://metropolitandiary.blog129.fc2.com/tb.php/406-b781c609

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

満員電車にて

Dear Diary:

日:二年前の大統領選挙投票日の翌日

時:夕方のラッシュアワー

場所:地下鉄33丁目駅

登場人物:二人連れの高齢者(私と友人)と、満員電車の乗客

夕方のラッシュアワーでとても混雑したプラットホームで、私と友人の二人は電車を待っていました。ようやく到着した電車は満員で、私たちにはとても無理とあきらめて、見送ることにしました。次にやってきた電車に、私は何とか身体を潜り込ませることができたのですが、友人の方はまだホームで不安そうな顔をしています。私は電車の中の乗客に向かって、「すいません、もう少し奥の方に詰めて下さい!」と大声で言いました。すると誰かが、「無理だね、もう満員だ!」と返事をしたのです。すると、別の乗客が「大丈夫よ、入れるわ!」と声をあげました。そうしたら、その声がきっかけになって、車内のあちこちから、「うん、大丈夫だ」、「まだまだいけるさ!」と次々に声があがって、皆、少しずつ奥に詰めてくれたのです。こうして私と私の友人は無事、一緒に電車に乗ることができました。

Sue Falk
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://metropolitandiary.blog129.fc2.com/tb.php/406-b781c609

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

metro

Author:metro
metro172をフォローしましょう
にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ
人気ブログランキングへ
Click here ↑↑ everyday. Thanks!!

当ブログはリンクフリーです

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。