Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://metropolitandiary.blog129.fc2.com/tb.php/411-406f16b4

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

忘れ物

DEAR DIARY:

私はニューヨーク市内の市立小学校の教師です。毎年、冬になるといつも学校の拾得物入れがすぐに、毛糸の帽子や、手袋、それにオーバーやコートなどで一杯になってしまいます。そして私が一番驚かされるのは、ほとんどの場合、それを取りに来る生徒や親がほとんどいない、ということなのです。親御さんたちというのは、自分の子供がオーバーなしで帰ってきても、それに気がつかないものなのでしょうか? とにかく、このままではそんな忘れ物がどんどん増えていく一方なので、しかたなく、私がもっと注意をして気をつけることにしようと決心しました。

そんなある日、子供たちが帰宅の用意を整えた後、着替えの部屋をチェックすると、ハンガーにトレーナーがかけられたままになっていました。私は教室の生徒たちに向かって、これ、誰の? と尋ねました。けれども誰も返事をしません。もう一度繰り返して聞いてみましたが、やはりみんな黙っています。私はついにしびれを切らせてこう言いました。「あのね、絶対にここにいる誰かがこれを着て学校にやってきたのは間違いないの。分かる? このトレーナーがね、勝手に自分ひとりで歩いてきて着替え室に入って来るなんてことは、あり得ないんです!」 すると、女の子が、「朝、ジャックがそれを着てました」と教えてくれたので、ジャックに確認しました、「ジャック、これはあなたのものなのね」、するとジャックは「違うよ、僕のじゃないよ!」と答えました。そして口をとがらせて、こう言ったのです、「僕のお兄ちゃんのだよ!!」

Susan Aaronson
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://metropolitandiary.blog129.fc2.com/tb.php/411-406f16b4

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

metro

Author:metro
metro172をフォローしましょう
にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ
人気ブログランキングへ
Click here ↑↑ everyday. Thanks!!

当ブログはリンクフリーです

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。