Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://metropolitandiary.blog129.fc2.com/tb.php/414-b5ec341c

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

ティファニーで指輪を

Dear Diary:

先日、バスに乗っていた時でした。見知らぬ女性がいきなり私の肘をつかんで、「あなたよね、去年の12月、ティファニーでプロポーズされた方たでしょ」と言うのです。ほんとにびっくりしました。なんでそんなこと知ってるのかしら、しかも私の名前は知らないみたいなので友人とも思えない。一体どういうことなのかと頭が混乱しました。「あのとき、私、ティファニーであなた方のお相手をしてたのよ」その女性は言いました、「あなたのこと、絶対忘れないって思ってたたの!」 なるほど思い出しました。この女性はあの時のティファニーの店員さんだったのです。私は「あれから私たち結婚したんですよ」と言って手を差し出して、あのとき彼女が売ってくれた結婚指輪を見せました。それから私たちはバスに揺られながら私たちの結婚式のことなど、色んな事を10分間くらい楽しいおしゃべりをしました。

去年の12月に何が起こったかというと、こういうことなんです。ある土曜日の午前のこと、買い物客で混み合う中、私は彼(今は夫です)と二人で、ティファニーのお店に入ったのです。その日は、きっと今日こそ彼が正式にプロポーズしてくれると、期待に胸をふくらませていました。そしたら、本当にプロポーズされたのです。それもティファニーのお店の中で! 私はもう嬉しくって、どうしていいかわからなくって、その場で涙がぽろぽろこぼれてきてとまらなかったのです。そのまま指輪コーナーに進むと店員さんがびっくりして、心配そうにしていたので、私はその店員さんに、「心配しないで、私、悲しくて泣いてるんじゃないの、あんまり嬉しくて涙がとまらないの。だって、私、プロポーズされたんですもの」と言いました。すると店員さんは、「まあ、それは本当におめでとうございます。いつプロポーズされたんですか? 最近のことなんですか?」と尋ねました。私が「30秒前なんです!」と答えると、店員さんは、「まあ、なんてことかしら、こんなことってあるのね、私、絶対忘れないわ」と言ったのです。そう、確かに彼女はその時のことを覚えていたというわけです。

バスの後ろの方に空席ができたので、私たちはそれぞれ別々の座席に座ることにしました。別れ際に、こんな風にしてまた出会う事ができて、本当に嬉しかったわと挨拶をすると、彼女も大きくうなずいて、「あの時の指輪はお店の中で一番綺麗で美しいものだったのよ」とささやいてくれました。

何かと気ぜわしい年の暮の、それも雨の降る日の夜のバスの中で、私の人生の中で一番幸せな出来ごとのことを、こんな風に思いださせてもらえるなんて思ってもいませんでした。ティファニーのおかげで、また、とても幸せな気持ちになることができました。しかも今回に限っていえば、クレジット・カードなしで済んだのですからなおさらです!

SARAH BYARS

ティファニー
Tiffany: Engagement Ring
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://metropolitandiary.blog129.fc2.com/tb.php/414-b5ec341c

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

metro

Author:metro
metro172をフォローしましょう
にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ
人気ブログランキングへ
Click here ↑↑ everyday. Thanks!!

当ブログはリンクフリーです

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。