Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://metropolitandiary.blog129.fc2.com/tb.php/429-06bf4830

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

散髪屋

Dear Diary:

グランドセントラル駅の構内に、フランクの散髪屋がある。私の伯父、ジーンはここに何十年も通っていた。伯父がここに通い始めたのは1946年のことだそうだ。伯父によると、一番最初に通い始めたのは伯父の父、つまりわたしの祖父で、それは1920年のことだったらしい。1920年と言えばそれは伯父が産まれた年だ。

もちろんその間、フランクのお店にも変遷があった。初代はヴィンセント、そしてニックに引き継がれ、今、店を切り盛りしているのが三代目のフランクだ。店の場所も何度か変わっている。グランドセントラルの前は、かつてのパンナムビル(今のメットライフビル)、そしてその前はルーズベルトホテルの中にあったそうだ。伯父のジーンは去年90歳で亡くなった。最後に散髪したのは8月のことだったそうだ。その後しばらくして伯父は亡くなった。フランクによると伯父が暮らしている施設に電話して最後に話しをした、その10日後のことだったという。

最近になって私は初めてフランクのお店を訪れた。手際良くハサミと櫛を動かしている最中に、フランクがふっと明るい表情になって、懐かしそうにこんな話をしてくれた。「ジーンさんはね、『フランクよ、わしゃ、今度、イタリアに行ってくるよ』って言うんだ。そうしてさ、帰ってきて何を見せてくれたと思う。パレルモに住んでるわしらの実家の家族の写真だよ!」 ジーン伯父さんらしいエピソードだ。

私は気づいたのだが、私がこれから2020年までこの店に通い続ければ、わが一族とこの散髪屋との関係はちょうど100年間続いたことになる。それも悪くない。これからここに通うことにしてみよう。10年なんてあっという間のことだから。

Paul Gene Reale
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://metropolitandiary.blog129.fc2.com/tb.php/429-06bf4830

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

metro

Author:metro
metro172をフォローしましょう
にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ
人気ブログランキングへ
Click here ↑↑ everyday. Thanks!!

当ブログはリンクフリーです

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。