Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://metropolitandiary.blog129.fc2.com/tb.php/435-9741326d

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

ニューヨーク流

Dear Diary:

大女優のシェリー・ウィンターズが2006年に亡くなったとき、それよりも何年も前の、ある日の出来事を想い出した。その時私は、8番街にあった昔のポートオーソリティのバスターミナルの前で、通りを渡ろうとして車が途切れるのを待っていた。自分の隣りに誰か人が立っているのは気がついていたけれど、別に目を向けるようなことはしなかった。すると突然、あたりを切り裂くような甲高い音で口笛を吹く音が聞こえた。驚いて振り向くと、口笛を吹いたのは目の覚めるような美人の女性で、通りを走るタクシーにそうやって合図していたのだ。すぐにタクシーがやってきて女性がさっそうと乗り込む時に目があった。それがシェリー・ウィンターズさんだった。彼女は私に向かってにっこり微笑んだ。その表情はまるで、こう言っているかのようだった。

「ニューヨークじゃこうやるのよ、坊や!」

Dan Caruso

winters.jpg
Shelley Winters at the premiere of "Sabrina" in 1954.

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
訳者注:
最後のセリフ、原文はこうです、「 "That's how you do it in New York, young man!"」
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://metropolitandiary.blog129.fc2.com/tb.php/435-9741326d

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

metro

Author:metro
metro172をフォローしましょう
にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ
人気ブログランキングへ
Click here ↑↑ everyday. Thanks!!

当ブログはリンクフリーです

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。