Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://metropolitandiary.blog129.fc2.com/tb.php/449-ea79a31b

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

チャキチャキのシティ・ガール

Dear Diary:

私たち夫婦は三人の子供たちを育てながらマンハッタンの街の中でずっと暮らしています。車は持っていないので、ほとんど街の外に出かけることはありません。もちろん、それで何の不便も感じたことはありません。そんなある日、ニュー・ロシェルに住む友人夫婦から週末のホーム・パーティーのお誘いを受けました。この夫婦はお子さんはいないのですが、近いうちに養子をとるつもりで今その手続きをしている最中です。今までいつも街なかでしか会ったことがないので、一度は彼らの郊外の住まいを訪ねてみるのも面白いかと思って、家族そろって出かけることにしました。その日、レンタカーを借りて三人の子供を後ろに乗せて出発しました。友人の家につくと、家の前の広くてきれいに手入れされた庭には集められた落ち葉が小高い山のように積み上げられていました。お屋敷のような大きな家の中は、いくつもの部屋があって、マンハッタンのアパートメントとは比べようもありません。奥のガラスドアを開けるとウッドデッキがしつらえてあって、広い裏庭に通じています。パーティーはとても楽しかったです。あっという間に時間が経って、帰る頃になるとあたりは本当に真っ暗で、しかも不気味なくらい静かでした。車を走らせて友人の家から少し離れたころ、後ろの座席に座っていた娘が、もう心配ないと思ったのか、大きな声で叫ぶように言いました、「あの人たち、本気なの? こんなところで、ほんとに子育てしようと思ってんの!?」

Ora Shtull

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
訳者注:
チャキチャキのシティ・ガールにとって、緑に囲まれた静かな郊外の一軒家で暮らすらなんていうのは想像できないくらい耐え難いものということなんでしょうか? 最後のところ、原文はこうです、「Back in the car and finally not within earshot of our hosts, my daughter asked in complete consternation: “They want to raise children? Out here?”」

大都会マンハッタンの喧噪と、そこから1時間程度車を走らせるとそこに広がる郊外の自然環境。この違いには目を見張るものがあります。郊外の緑に囲まれた一軒家から、マンハッタンの職場まで通勤する人は多いですが、朝、庭でリスやアライグマ、スカンク、鹿などを見かけて出勤し、昼は高層ビルのオフィスで仕事ということなど珍しくありません。郊外に住んでいると、休日に、朝一番でスキーに出かけて夕方に戻り、その後マンハッタンにコンサートを聴きに出かけるということだって可能なのです。

関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://metropolitandiary.blog129.fc2.com/tb.php/449-ea79a31b

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

metro

Author:metro
metro172をフォローしましょう
にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ
人気ブログランキングへ
Click here ↑↑ everyday. Thanks!!

当ブログはリンクフリーです

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。