Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://metropolitandiary.blog129.fc2.com/tb.php/452-d5b810c4

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

名演技ですね

Dear Diary:

サンクスギビングの祝日が終わって数日経ったある日のこと、母が住んでいるセントラルパーク西のアパートメントに駆けつけました。母を大急ぎで病院に連れて行かなければならなかったのです。ところが近所まで来て見ると建物の面した通りが通行止めになっています! ちょうど運悪く、アパートメントの前の通りを通行止めにしてそこで映画の撮影が行われているのです。サンクスギビング・パレードに使われた大きな風船のキャラクターがいくつも空中に浮かんでいて、その様子を撮影しているのでした。アパートメントの玄関前にタクシーを停めて母を連れて一緒に乗り込むつもりだったのですが、これでは無理です。どうしようかと思ってあたりを見回すと、少し離れたところに何人か警察官が立っているのに気がつきました。これだ!と思って、彼らのところに駆け寄って事情を話しました。その警察官はいかにもニューヨーク市警の警察官らしい、とても親切な人で、まるで古くからの知り合いであるかのように、素早く対応してくれました。ロケ中の監督に話しをしてくれたのです。するとその監督がスタッフに命じて、撮影中のパレードを中断して、タクシーを通してくれることになりました。

こうして無事、母と私がタクシーに乗り込む時に、親切にしてくれたその警察官が私を引きとめて、そっと耳打ちしました。「一応、言っとかないといけないと思ったんだけど、僕は本物の警察官じゃないんですよ。警官役をやってる役者なんです・・・」

おかげさまで母はその後ずっと元気にしています。

Karin Kunstler Goldman
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://metropolitandiary.blog129.fc2.com/tb.php/452-d5b810c4

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

metro

Author:metro
metro172をフォローしましょう
にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ
人気ブログランキングへ
Click here ↑↑ everyday. Thanks!!

当ブログはリンクフリーです

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。