Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://metropolitandiary.blog129.fc2.com/tb.php/46-85236c13

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

ハロウィーンの贈り物


Dear Diary:

それは90年代のあるハロウィーンの夜、メトロポリタン・オペラ劇場でのこと。そのときの演目はプッチーニのオペラ、「トスカ」だった。カヴァラドッシ役を、今は亡きパヴァロッティが務め、指揮はジェームス・レヴァインという豪華な顔ぶれだ。

第三幕で、名曲「エ・ルチェヴァン・レ・ステッレ(E lucevan le stelle、星は光りぬ)」を、朗々と歌い上げるパヴァロッティ。満員の聴衆はその素晴らしいテナーに魅了されて息を飲んだ。

するとその時、こんなことは後にも先にも初めて目にしたことだが、マエストロ、レヴァインがパヴァロッティに何か目配せをした。今夜はハロウィーン、何か普段とは違う不思議なことが起きるのか・・・。

え、まさか、ほんとに? そう、本当だ。レヴァインはこの素晴らしいアリアをもう一度演奏し始めた。

パヴァロッティは? 彼はきらりと瞳を輝かせ、にっこりとほほ笑んで、レヴァインにうなずいた。そして、もう一度、この名曲を、美しいテナーで歌い上げたのだ!

トリック オア トリート! 
A trick for Pavarotti and a treat for us listening.

予期せぬハロウィーンギフトに、観客は大興奮、総立ちになって、割れんばかりの大歓声を送った。

あー、オペラって何て素晴らしいんだ!!

John A. Buscarello
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://metropolitandiary.blog129.fc2.com/tb.php/46-85236c13

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

metro

Author:metro
metro172をフォローしましょう
にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ
人気ブログランキングへ
Click here ↑↑ everyday. Thanks!!

当ブログはリンクフリーです

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。