Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://metropolitandiary.blog129.fc2.com/tb.php/460-1982776c

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

チャイナタウンのメニュー

DEAR DIARY:

日曜日の夕方、私と主人は14歳の娘と11歳の息子を連れて、チャイナタウンに出かけてみることにしました。家族そろって本格的中華料理のディナーを楽しもうというわけです。子供たちはここマンハッタンで生まれ育ったのですが、チャイナタウンで食事をするのは初めてです。私たち夫婦もずい分久しぶりのことなので、皆、わくわく期待に胸を膨らませて出かけました。

寒さの厳しいなか、地下鉄の出口からずっと通りを歩き続けて、何軒もの中華料理店をチェックして、ようやく一軒のお店に入ることに決めました。地下の入り口に続く階段を降りてお店の中に入ると、私たちが一番最初のお客だったようで、他にお客は誰もいませんでした。席について渡されたメニューを見てみると、なんともありふれた、ごく普通の、定番メニューばかりが並んでいました。一通り目を通した主人はがっくりと肩を落としました。そして声を低めてこう言ったのです、「こんなもの食べるためにわざわざチャイナタウンまで来たんじゃないんだよ。珍しい物なんて何一つ載ってないぞ!!」

若いウェイトレスさんがやってきた時に、私は用心深く尋ねてみました。「ねえ、何か今日のスペシャルみたいなのあります? なんでもいいんだけど、このメニューに載っていないようなもので何か・・・」 彼女が店の奥の方に姿を消すと、すぐに年取った中国人のウェイターが駆け寄ってきました。「はい、はい、お客様、違うメニュー、ご覧になりたいね、どうぞこちら!」と言いながら、分厚いメニューを手渡してくれたのです。そこに載っていた料理はとても珍しいものばかりでした、アヒルの舌やカエルの脚の料理、蟹を一匹丸ごとに殻付きの帆立て貝を使った料理などなど・・・。私たち4人は目を輝かせるようにしてメニューに見入りました。その様子を見て中国人ウェイターは申し訳なさそうに、「皆さんのこと、アメリカ人だと思ってたのヨ」と言いました。それに対して、私はこう答えたのです。「いいえ、私たち観光客じゃないの。私たち、ニューヨーカーなのよ」

それでその時のお料理ですけど、素晴らしく美味しかったですよ!!

Marita Altman

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
訳者注:
お店での最後のセリフ、原文はこうです、「No, we are not tourists. We are New Yorkers!」

ニューヨークに観光に来るのはなにも外国人ばかりではありません。全米各地からアメリカ人観光客が大勢訪れてきます。ニューヨークほどの大都会はアメリカ広しといえどもほかにないので、ニューヨークにやってくるアメリカ人観光客は皆「おのぼりさん」ということになります。せっかくチャイナタウンにやってきても、そういう人たちが注文するのはギョーザ、シューマイ、チャーハンなどの定番メニューが多いのでしょう。このお店ではそういうお客さん向けに別途、簡易メニューを用意していたのですね。

それにしてもニューヨーカーというのは、自分のことをアメリカ人の一部と思ってないんでしょうかねえ。
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://metropolitandiary.blog129.fc2.com/tb.php/460-1982776c

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

metro

Author:metro
metro172をフォローしましょう
にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ
人気ブログランキングへ
Click here ↑↑ everyday. Thanks!!

当ブログはリンクフリーです

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。