Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://metropolitandiary.blog129.fc2.com/tb.php/470-77e44018

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

義理の息子と

Dear Diary:

娘のマダリンとその夫のキース、それに私の三人で一緒にタイムズ・スクェアを歩いていた。42番通りに新しく建設中の高層ビルが、実に印象的にそびえ立っていたので、私は感心して見上げた。そして、義理の息子であるキースの肩に腕を回して、以下のような会話を交わした。

私(その高層ビルを指さしながら):ほら、分かるかい? あの窓の色とかたち、実に面白いじゃないか
キース:はい、そうですね

私:あの斜めの線に見えるのは電灯だよ。いろんな色の電灯だ。
キース:ええ、そうですね

私:夜になってあの灯りが全部ついたら、さぞかしきれいだろうな!!
キース:はい、そうですね

そうして振り向いてみると、私の隣りにいたのはキースではなかった。私の腕は見知らぬ男性の肩にしっかりと回されていた。その男性はドイツからやってきた観光客で、私に相槌を打ちながら、奥さんと二人で歩いていたのだ。キースとマダリンはその後ろを歩いていて、腹を抱えて大笑いしているのだった。

Victor Del Favero

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
訳者注:
お父さん、面目まるつぶれでした。でも、義理の息子とうまくやって行こうと努力しているらしいことは、伝わってきますよね。この手の話は洋の東西を問わないようで・・・。
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://metropolitandiary.blog129.fc2.com/tb.php/470-77e44018

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

metro

Author:metro
metro172をフォローしましょう
にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ
人気ブログランキングへ
Click here ↑↑ everyday. Thanks!!

当ブログはリンクフリーです

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。