Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://metropolitandiary.blog129.fc2.com/tb.php/508-03093625

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

思わぬ厚意(行為)

Dear Diary:

愛犬のウェスティー、メイシーそれにグローバーの三匹を連れて、タクシーをつかまえようとしていました。そのとき、道路の反対側から渡ってきた見ず知らずの、60代くらいの女性が、私たちのことをしげしげと眺めながら近づいてきました。道を渡り終えて私のそばまで来ると突然、「どっちに行くの?」と声をかけてきたので、思わずセントラル・パークの方を指さしたのですが、なんでそうしたのか、ちょっと後悔しました。するとその女性は、「ワンちゃんたちと一緒じゃ、絶対タクシーなんかつかまりっこないわよ」というのです。もちろん私は無視しました。内心、「余計なお世話! いつもこうやってタクシーに乗ってるわ!」と思いながら。お願いだから放っといてほしいと思っていたのに、相変わらず私のことをじっと見つめながら、彼女はこう言ったのです。「あなた、ここにそのまま立ってなさい、犬はなるべく後ろに隠すようにしてね。私がタクシー停めてあげるから、タクシーが停まったらあなた飛び乗ればいいのよ」 

私はとまどいました。けれどもまあ、彼女がそうしたいというのなら、私がとやかく言うべきものでもないと思って、一歩下がってじっとしていました。しばらくしてタクシーが1台やってくると、驚いたことに、彼女はまさに言った通りのことをやってくれたのです。大きな声で手をあげて、そのタクシーを停めると、私と犬たちのために後ろのドアを開けてくれて、しかも、運転手さんに聞こえるように、「じゃあ、そのうち、またね!」と知り合いのふりまでしてくれたのでした。

Kathy Park
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://metropolitandiary.blog129.fc2.com/tb.php/508-03093625

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

metro

Author:metro
metro172をフォローしましょう
にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ
人気ブログランキングへ
Click here ↑↑ everyday. Thanks!!

当ブログはリンクフリーです

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。