Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://metropolitandiary.blog129.fc2.com/tb.php/512-93f46660

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

アメリカ人原発技術者募集!福島原発支援

「福島原発支援のために、日本へ向かう原発技術者募集中」アメリカ

NEW YORK (Reuters) - As foreign assignments go this must be just about the most dangerous going.

放射線を撒き散らし続けている日本の福島第一原発で緊急対応の仕事を手助けするために、ある米国の原発関連人材斡旋業者が、米国内で原発技術者のリクルート活動を始めた。

彼らが求めている人材に必要な条件は:原子力発電所で働いた経験と専門技術、パスポート、家族の同意、放射線が放出されている環境下で働くことを承知の上で赴くこと。

報酬は:通常よりも高い賃金、まれにみる危機的な状況に挑戦する機会

原子力関連産業に特化した人材斡旋会社、バートレット・ニュークリア社(マサチューセッツ州、プリマス)のリクルーター、ジョー・メランソン氏は、3月31日木曜日、インタビューに答えて、「2週間くらい前に部下に命じて、日本で働くことについての希望者リストを用意するように指示した」という。
すでにこれまで、数人の原発作業員が日本行きを承諾しており、その第一陣が4月3日日曜日にも出発する予定だという。

メランソン氏によれば第一陣は10人以下の人数になる予定で、その後、さらに追加される見込みだという。

福島原発の所有者である東京電力は、状況の悪化に応じて、日本国外の原子力産業界にも支援と協力を求め続けてきた。

同社は3月31日木曜日、プラント内のトンネルにたまった水から検出された放射線量が、通常時の1万倍に達していたこと、及び、原子炉1号機の近くの土壌から放射性ヨウ素131が検出されたことを明らかにした。

メランソン氏によると、本件はについての依頼は、GEと日立の合弁会社である東電の下請け会社からバートレット・ニュークリア社に対してなされたものということだ。福島原発の原子炉を設計したのはGEである。

「最初にこの話を聞いた時は、詳細は何も分からなかったんだよ、どのくらいの期間の話なのかとか、どういうポジションに向けた人材が必要なのかとかいったことがね。唯一はっきり言われたのは、有効なパスポートを持っていることということだけっだったね」

その後、必要とされる人材の具体的な諸条件が示されてきたので、同社ではそれらを満たし得る技術者のリストつまり「我々の眼から見て、現地できっとしっかり仕事をやりとげてくれるそんな人材のリスト」の作製作業に入った。

では一体どのようなタイプの人間が福島原発のように放射線を撒き散らしているような危険な現場に必要とされているというのだろうか?

それは目先の大金のために身の危険もかえりみない「命知らずの荒くれ者たち」ではない。メランソン氏によれば、今、彼が日本に送り込もうとしているのは、原子力産業で長年働き、着実に昇進を重ねてきたようなタイプの技術者たちだという。

もちろん、そうした中には家族もちの人もいる。「今回のような件に限らず、すべての海外勤務案件については、彼ら一人ひとりが自分自身で、家族と向き合って結論を出さなければいけないんだ」

日本政府は現在福島第一原発から半径20km 以内の地域を避難地域として原則立ち入り禁止にしている。この避難地域はもっと拡げられるべきだと主張する専門家も少なくはない。

これから日本に送り込まれるアメリカのこうした技術者たちが実際にどの場所で働くことになるのか、まだ詳しいことは分かっていないとメランソン氏は言う。彼らには通訳が付き添い、少なくとも当初は原発から往復480km 離れた東京にとどまることになるだろう。

「日本で働いている間、賃金はもちろん通常の場合に比べて高くなる」とメランソン氏は語る。しかし、具体的な金額に触れることは断った。日本での活動期間についてはまだ不透明だが、少なくとも1ヶ月はかかるだろうという。

これらの技術者たちは放射線量が極めて高いような危険な現場で作業させられることはないという。

「彼らは、本当に危険な部屋に飛び込んで作業するような『ジャンパー(jumpers)』の役割をしに行くわけじゃない。東電はそんな現場ではロボットを使うことによって、人の被ばく量を抑えようとしている」とのことだ。

ちなみに、「ジャンパー」というのは原子力業界用語で、危険なまでに放射線量が高い現場に入り、素早く必要とされる作業を行う技術者・作業員たちのことを指す。このような危険な作業は1970年代から80年代の初めにかけて、米国内の原子力発電所では普通に行われていたのである。

原子力業界一筋で30年以上の経験をもつ、ネルソン・ニュークリア社(ワシントン州、リッチランド)の人材担当者ロック・ネルソン氏はこう語る、「そういう危険な仕事というのは、もちろん完全になくなってしまったという訳ではないが、昔に比べれば、大幅に減ったことは確かだ。最近では人の力ではなくて、高度なロボット技術を使って機械によってそのような作業を行う事が当たり前になってきたからね」

メランソン氏によれば、彼らが派遣する技術者たちには必要とされる全ての器具、装備(健康を維持するための物を含む)が提供される。

必要とされている専門家は、地下水と放射線の専門家や使用済み核燃料の専門家が含まれる。

これ以外にもいくつかの国際的な原子力関連企業から専門家が日本に向けて数多く派遣されている。フランスの Areva SA や、ウェスティングハウスなどだ。

今回の危機を終結させるには何ヶ月もかかると指摘する専門家もいる。

「東電は今後、それぞれの原子炉一つ一つにおいて、それぞれ個別の特殊な問題に一つ一つ直面して行くことになるだろう。」とネルソン氏は言う。「こういう個別のそれぞれの問題というのは、それに応じた個別のそれぞれの対応策というものを必要とする。どこかの局面で、最後の手段としてジャンパーを投入せざるを得ない時が来るかもしれない。このような状況は、少なくとも何週間か、悪くすると数ヶ月は続くだろう。」

(Reporting by Scott DiSavino and David Sheppard in New York, and Eileen O'Grady in Houston. Edited by Martin Howell)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
NEW YORK (Reuters) - As foreign assignments go this must be just about the most dangerous going.

A U.S. recruiter is hiring nuclear power workers in the United States to help Japan gain control of the stricken Fukushima Daiichi plant, which has been spewing radiation.

The qualifications: Skills gained in the nuclear industry, a passport, a family willing to let you go, willingness to work in a radioactive zone.

The rewards: Higher than normal pay and the challenge of solving a major crisis.

"About two weeks ago we told our managers to put together a wish list of anyone interested in going to Japan," said Joe Melanson, a recruiter at specialist nuclear industry staffing firm Bartlett Nuclear in Plymouth, Massachusetts, on Thursday.

So far, the firm has already signed up some workers who will be flying to Japan on Sunday.

Melanson said there will be less than 10 workers in the initial group. Others are expected to follow later, he added.

Plant owner Tokyo Electric Power Co (TEPCO) has appealed to the nuclear industry outside of Japan for assistance as the crisis has spiraled beyond their control.

On Thursday, the company said radiation levels in water found in tunnels under the plant was 10,000 times the normal level and radioactive iodine 131 was found in ground water near No.1 reactor of the complex.

Melanson said Bartlett Nuclear had been approached by sub-contractors linked to the General Electric-Hitachi nuclear joint venture. GE designed the Fukushima reactors.

"At first, we had no details about the duration of the job or the positions needed. The only requirement was that you have a valid passport," Melanson said.

But as the job details came in, Bartlett managers scoured the list of volunteers and selected several engineers and technicians "we knew would perform well for us over there."

So just what type of person would go into a damaged nuclear plant that is throwing out dangerous levels of radiation?

NOT ROUGHNECKS

Melanson said these are not roughnecks prepared to risk their health for a quick paycheck but senior technicians and engineers who have come up through the ranks.

Some have families. "Anytime we have international business, it's up to the workers to square it with their wives."

Japan has put in an exclusion zone of 20 kilometers around the plant. Several experts have recommended that zone should be expanded.

Melanson could not say for certain where the workers would stay but said initially they would be based in Tokyo and drive the 480 kilometer (300 miles) roundtrip to the Daiichi plant. Translators will be provided so they don't have to speak Japanese.

"The pay will definitely be better than the average pay (for a nuclear technician) over here," Melanson said, but declined to specify exactly what the average salary would be. It is not clear how long they will be working in Japan, but Melanson estimated it would be at least a month.

The workers are not expected to come into contact with the highest levels of radiation.

"These are not 'jumpers' rushing into a room. TEPCO is bringing in robots to help limit human exposure to high levels of radiation," he said.

"Jumpers" is the industry term for people who enter highly radioactive environments to quickly perform a task. The practice was common in the United States in the 1970s and early 80s.

"It's still a job that exists but it's much rarer than in the past - the job is mostly performed mechanically with engineered robotics these days," said Rock Nelson, staffing manager at Nelson Nuclear Corp in Richland, Washington, who has worked in the nuclear industry for almost 30 years.

Melanson said the workers would receive all the equipment needed to do their jobs and safeguard their health.

The roles include ground water and radiation specialists, and spent fuel experts.

Other international nuclear firms have also sent workers to Japan, including France's Areva SA and U.S.-based Westinghouse.

Some experts think the crisis could take months to resolve.

"Tepco will be facing specific and unique problems in each plant," said Nelson.

"Each specific problem may require the engineering of a specific piece of machinery. They will almost certainly have to send a jumper or two in but only as a last resort. This is going to run on for weeks if not months."

(Reporting by Scott DiSavino and David Sheppard in New York, and Eileen O'Grady in Houston. Edited by Martin Howell)
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://metropolitandiary.blog129.fc2.com/tb.php/512-93f46660

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

metro

Author:metro
metro172をフォローしましょう
にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ
人気ブログランキングへ
Click here ↑↑ everyday. Thanks!!

当ブログはリンクフリーです

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。