Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://metropolitandiary.blog129.fc2.com/tb.php/522-105987d2

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

福島原発の廃炉計画に挑む日米合同チーム

「災厄の続く中、福島原発の廃炉計画が進む」
ニューヨークタイムズ、2011年4月7日

April 7, 2011
From Safe Distance, U.S.-Japanese Team Draws Up Plan to Demolish Reactors
By KEN BELSON

水素爆発、高濃度の放射線漏れ、何百トンという汚染水の海洋投棄、これら立て続けに襲う悪いニュースに加えて、木曜日には強烈な余震まで加わった。このような状況の中で、福島第一原子力発電所にある6基の原子炉と使用済み核燃料プールを安定化させるには、これから数ヶ月、場合によっては数年もかかることになるだろう。

しかし、だからと言って、日本とアメリカの専門家による合同チームが、どうやって原子炉を廃炉するかというやっかいな仕事について議論を開始するのに、早すぎるということはない。東電はすでに、福島第一原子力発電所の6基の原子炉のうち、少なくとも4基の原子炉については、損傷が激しいため廃棄処分にすると表明している。

福島第一原発の中の4基の原子炉の建設に関与した東芝からは、すでに何十人もの技術者たちが参加して、米側の専門家たちとともに原子炉廃用作業の準備にとりかかっている。この仕事(原子炉廃用作業)は膨大なコストと時間のかかる仕事で、現在進行中の危機対応作業と同時並行で、今から準備にとりかからなければならないほど大掛かりなものなのだ。

この日米合同作業チームには東芝のほかに、ウェスティングハウス(東芝の子会社)、土木建設会社のショウ・パワー・グループ、それに、危険物処理の分野に実績のあるエネルギー関連サービス企業、バブコック&ウィルコックス社などの専門家たちが含まれている。

ただ、現状、現場で何が起こるか予断を許さない不安定な状態にあることと、原子炉の冷却に成功したとして、そのときの炉心の状態がどうなっているかが明確でないということなどのため、この計画づくりは極めて複雑な様相を呈してくる。一つの原子力発電所敷地内で、4基の原子炉を(それも地震と津波によって激しく損傷した原子炉を)同時に廃棄するなどという仕事は、これまで誰も経験したことのない仕事なのだ。

実際のところ、これまで日本の原子力発電所では、ただの1基の原子炉も完全に廃棄されたことはない。一方、ウェスティングハウスとバブコック&ウィルコックスの両社は、1979年にスリーマイル島で起きた原発事故の後、損傷した原子炉の廃炉作業に携わった経験をもっている。これが両社が今回のチームに参加している理由の一つだ。

今後出てくる数え切れないほどの問題の中には、核燃料の廃棄、原子炉の取り外し、建屋の廃棄、周辺の土地・水の浄化などが含まれていて、これらをどのようにして行うのか、技術者たちは何とかその方法を見つけ出さなければならない。

今回結成されたチームは「マウント・フジ“Mt. Fuji,”」と呼ばれている。これは「Management Support for Fukushima U.S. and Japan Initiative」を略したものだ。このチーム・マウント・フジを率いるために日本に帰国した、Toshiba America Nuclear Energy Corporationの上級副社長、坂本博氏は次のように述べた。「これらの問題は一つ一つを見れば解決可能だし、過去にも実際に解決策が見つけられてきたものばかりだ。状況が難しいのはこれら諸問題相互の関わり合い方と、それがもたらす複雑性による」

チームが原子炉廃棄計画の立案作業に従事している中、それとは別に東芝の技術者約800人が、炉心の冷却と放射線の拡散防止という、より緊急性の高い作業について東京電力をサポートしている。そのうち、約250人は福島に配置され、500人は横浜にある東芝原子力技術センターに陣取っているという。

彼らがサポートしているのは、配電盤を新たに設置して電源を回復しポンプとモーターを稼働させること:汚染水を排出させること:海水の淡水化装置と水中ポンプ、そして放射線で汚染された塵芥を濾過するための空気清浄機の新たな設営だ。一方、ウェスティングハウスは、東京電力に、ホウ素、燃料、スペア・ポンプその他様々な必要物資をていきょうしているという。

東芝の原子力事業の責任者、岡村潔氏は次のように語った。「我々は、福島案件に対して二手に別れて対応している。それぞれの活動は互いに補完し合うものだ」

二手に別れた東芝の技術者たち、東京電力に対する緊急サポート部隊と、原子炉廃用計画に携わるチームは、これまで、非常事態であっため、オフィシャルな会合を持たぬままそれぞれの仕事を進めてきた。だが、後者の仕事を進めてきた日米合同チームは、4月4日、東京電力に対して、使用済み核燃料を現在の場所から取り外してどこか別の場所に移動させるための長期計画を提案した。これはさらに大きな全体計画の中の一部として位置づけられている提案だ。

今回示した提案に対する結論がいつ頃下されるかについて、東芝はまだ知らされていないが、これにかかる費用だけでも最終的には何千億円にも達するだろうという。

ウェスティングハウスをはじめとする米側各社は、福島原発ではいずれ廃炉作業が不可避だと明らかになって以来、東電に対して協力する姿勢を伝えていた。しかし東電は当初、相次ぐ危機的事態の発生により、こうした申し出に対応することができない状況であった。そうした中で米側各社と東電の間に東芝が入ることによって、事態は一気にスムーズに進むようになったという。

ウェスティングハウス・アジアの社長、ジャック・アレンは言う、「最初はまったくのカオスだったよ。東芝が間に入ってくれて本当に助かっているんだ」

2週間前、米側各社の技術者たちが日本に到着して、現状についてのブリーフィングを受けるため、東芝本社の一角に設けられた作戦室に集められた。室内には机や椅子、コンピューター、ホワイトボードなどが備え付けられていて、何十人もの技術者たちがラップトップパソコンを忙しく操作していた。

部屋のドアの一つには、名刺と顔写真がずらりと並べて貼られてある。部屋の中で働く者同士、顔と名前が容易に一致するようにだ。壁には福島原発の航空写真や、原子炉の見取り図などが多数貼られている。また、スリーマイル島で廃棄された原子炉の図や写真、さらにそれとは別のメイン・ヤンキー原子力発電所で8年間の歳月をかけて廃棄された原子炉の資料なども用意されている。さらに、そうした作業に使われるクレーンなど、様々な機材についての写真などが壁を覆っている。

廊下には使い古したコーヒー・カートが置かれ、缶入りソーダやスナック菓子がパソコンと並んで机の上を占領している。部屋の中は日本語と英語の両方が飛び交っている。

「マウント・フジ」チームが活動を始めてからまだ日は浅いが、チームはまず、福島第一原発の施設のまわりに放射線量を計測する機器を設置することを提案した。チームは様々なシナリオに応じてどのような機材が必要になるのかの検討も進めている。そして近日中にもニューヨークにオフィスを立ち上げて、そこに集結した技術者たちが東京の技術者たちと共同で、時差を利用した24時間体制で仕事を続けることが出来る体制を整えようとしている。

とはいえ、チームが今、もっとも待ち望んでいるのは、現場の技術者たちが一日も早く原子炉の冷却に成功することだ。それが確認出来た後、初めてチームは本格的な活動を開始できる。バブコック&ウィルコックスの社長、デビッド・リチャードソンは言う、「全ては、安全なアクセスが確保できるかどうか、それ次第だ」

More in Asia Pacific (3 of 50 articles)
Japanese City’s Cry Resonates Around the World

Read More »
Close

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
# The New York Times Reprints
This copy is for your personal, noncommercial use only. You can order presentation-ready copies for distribution to your colleagues, clients or customers here or use the "Reprints" tool that appears next to any article. Visit www.nytreprints.com for samples and additional information. Order a reprint of this article now.

April 7, 2011
Even as Disaster Unfolds, Plan Forms to Dismantle Reactors
By KEN BELSON

TOKYO ― Hydrogen explosions. High levels of radiation. Thousands of gallons of contaminated water dumped into the sea. With the drumbeat of bad news, including another powerful aftershock on Thursday, it will take months, if not years, to stabilize the six reactors and spent fuel pools that were damaged in last month’s earthquake and tsunami at the Fukushima Daiichi plant.

Yet it is not too soon for a team of engineers from Japan and the United States to begin working on the thorny task of how to dismantle the reactors, at least four of which are so badly damaged that the plant’s operator has said they will be scrapped.

Already, dozens of engineers from Toshiba, which helped build four of the Fukushima Daiichi reactors, have been joined by experts from the United States to prepare for the decommissioning work, a job so big that the planning needs to start even now, in parallel with the efforts to contain the crisis.

The team includes experts from Westinghouse, whose majority owner is Toshiba; the Shaw Power Group, a civil engineering firm; and the Babcock & Wilcox Company, an energy technology and services company, one of whose specialties is the disposal of hazardous materials.

The plans to take apart the reactors are complicated not only by the volatility of the situation but also by the uncertainty about the reactors’ condition once they finally cool. No one has ever decommissioned four damaged reactors at one power plant, let alone reactors rocked by a powerful earthquake and swamped by a tsunami.

In fact, no Japanese nuclear power plant has ever been entirely decommissioned, which is one reason Westinghouse and Babcock & Wilcox ― companies that helped shut down the damaged reactor at Three Mile Island in Pennsylvania after the accident there in 1979 ― have joined the effort.

Among myriad problems, the engineers must find ways to dispose of the fuel, remove reactors, demolish buildings, and clean up nearby land and water.

“Each of these problems is solvable and have been solved before,” said Hiroshi Sakamoto, a senior vice president at Toshiba America Nuclear Energy Corporation, who returned to Japan to lead the team. (It has dubbed itself “Mt. Fuji,” short for Management Support for Fukushima U.S. and Japan Initiative.)

“The situation is really the complexity and combination of factors,” he said.

While the team makes plans, 800 of Toshiba’s engineers are helping the Tokyo Electric Power Company, which operates the Fukushima Daiichi plant, with the more pressing problem of cooling the reactors and reducing the radioactivity there. About 250 engineers are stationed in Fukushima, and an additional 500 are working at Toshiba’s nuclear engineering center in Yokohama, Japan.

They are helping to re-establish electrical power to pumps and motors and to install power panels; draining contaminated water; and acquiring desalination equipment, underwater pumps and air purifiers to filter radioactive dust. Westinghouse has provided Tokyo Electric with boron, fuel, spare pumps and other supplies.

“We are taking a two-tier approach for Fukushima,” said Kiyoshi Okamura, chief of Toshiba’s nuclear business. “These efforts are mutually complementary.”

Because of the emergency, Toshiba’s engineers ― those who are helping Tokyo Electric and those planning the decommissioning ― are working without a formal contract. But the Japanese-American team submitted a proposal to Tokyo Electric on April 4 that lays out a long-term plan to remove and transfer spent fuel as part of a larger project.

Toshiba has not been told when a decision will be made on the proposal, which might ultimately be worth billions of dollars.

Westinghouse, Shaw and Babcock & Wilcox were eager to help when it became apparent early on that the Fukushima reactors might have to be scrapped. But the crisis made it difficult for Tokyo Electric to respond. By joining hands with Toshiba, the American companies won instant credibility and found a conduit to reach the utility.

“It was chaos at the beginning, so it helps to have Toshiba” as a partner, said Jack Allen, the president of Westinghouse in Asia.

Two weeks ago, engineers from the American companies started arriving in Japan, where they were briefed about the situation. They moved into a war room at Toshiba’s headquarters that includes offices in a secure part of the building. The rooms are stuffed with desks, computers, whiteboards and dozens of engineers slumped over laptops.

One door is covered with business cards and a sheet that includes photographs of the engineers so that names can be more easily matched to faces. On the walls are aerial photographs and schematics of the Fukushima reactors, as well as charts and photographs from decommissioned reactors at Three Mile Island and the Maine Yankee nuclear power plant in Wiscasset, Me., which took eight years to shut down. Graphic illustrations of cranes and other equipment are taped to the walls.

A well-used coffee cart sits in the hallway. Soda cans and snacks share desk space with laptops. A mixture of Japanese and English fills the air.

Though it is still in its early days, the “Mt. Fuji” team has proposed installing devices around the Fukushima Daiichi plant to monitor radioactivity. It is weighing what machinery is needed, based on various scenarios, and will soon open an office in New York so that engineers there can take over when the team in Tokyo is asleep.

Most of all, the team is waiting for the engineers at Fukushima Daiichi to cool the reactors so it can begin work. “All things hinge,” said David J. Richardson, a president at Babcock & Wilcox, “on having safe access.”

More in Asia Pacific (3 of 50 articles)
Japanese City’s Cry Resonates Around the World

Read More »
Close

関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://metropolitandiary.blog129.fc2.com/tb.php/522-105987d2

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

metro

Author:metro
metro172をフォローしましょう
にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ
人気ブログランキングへ
Click here ↑↑ everyday. Thanks!!

当ブログはリンクフリーです

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。