Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://metropolitandiary.blog129.fc2.com/tb.php/532-04f0f321

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

あふれる喜び

DEAR DIARY:

ちょっとした用事をたしに11番通りを歩いていると、通りに面したアパートメントの出入り口に、若い女の子が腰かけていた。たまたま目が合うと、小さく微笑んだ。それが何を意味するのか、何かを喜んでいるのか、それとも悲しんでいるのか、よく分からないまま、とりあえず私も軽く笑顔を返した。するとその子は軽やかに両腕を上げて、「わたし、大学に合格したの!」と声をあげた。彼女の眼からは一筋の涙さえこぼれていた。

私は立ち止まって、彼女のために心からおめでとうと言い、抱き合って喜びを分かち合った。そしてまた、元の通り、歩いてその場を立ち去った。

私はこの一瞬のできごとの、とてもシンプルなその美しさに心を打たれた。彼女のあふれんばかりのその喜び、それは私たちの多くが(遠い昔に)経験したことのあるはずのものではなかったか。そしてそれはあまりにも簡単に失われ、忘れ去られる・・・。毎日が慌ただしく過ぎて行く中、かつて希望に満ち溢れていた頃のことを、こんな風に想い出させてくれて、とても有難いことだった。 Good luck, young person!

Bob Bronzo

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
訳者注:
通りすがりの見知らぬ者同士の間で交わされた、心温まるエピソードです。
うちの娘がこの喜びに浸ったのは3年前のことですが、その時の気持ちをいつまでも忘れないでいて欲しいものです(棒読み)。

最後の一行の「young person! 」という呼びかけですが、ここは「young lady」とか、「sweetheart」とかにする方がたぶん一般的だろうと思います。あえてそうしないで、「young person」としたところに筆者のこだわりが見て取れる(ような気がする)ので、そのまま置いてみました。あえて訳すとすると、「頑張るんだよ、お嬢さん」ではなくて、多分、「頑張れ、若者よ!」、とか、「若人に幸あれ!」といったところでしょうか。でも何かしっくりこないです。

関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://metropolitandiary.blog129.fc2.com/tb.php/532-04f0f321

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

metro

Author:metro
metro172をフォローしましょう
にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ
人気ブログランキングへ
Click here ↑↑ everyday. Thanks!!

当ブログはリンクフリーです

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。