Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://metropolitandiary.blog129.fc2.com/tb.php/533-977076c8

トラックバック

コメント

[C16]

ありがとうございます。そろそろ通常モードに戻ろうかと思っています。
  • 2011-05-12 20:07
  • metro
  • URL
  • 編集

[C15]

お久しぶりの更新ですね。
いつも楽しみにしています。
  • 2011-05-12 18:12
  • Unknown
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

男の真価

Dear Diary:

初めてのデート、それはもうずい分昔、1920年代のことでした。お相手は自他共に認める典型的な中西部出身の真面目な若者。今私が住んでいるところからそんなに離れていないイーストヴィレッジのお店で、ビリヤードをしたりしながら夜遅くまでおしゃべりを楽しんだのです。気がついてみると時刻は午前二時。もちろん急いで帰らなければならない時刻です。二人でお店を出ると待ち構えていたようにタクシーがやってきました。彼は私に「乗るかい」と尋ねたのですが、私のアパートメントはほんの2ブロック先だったので、私は「歩くわ」と答えました。たった2ブロックだし、こんな時刻だから、当然一緒に歩いて送ってくれるものと思っていました。

ところがどうでしょう、彼は「とても楽しかったよ」と笑顔でお別れの挨拶を言うと、私の身体をぎゅっと抱きしめて、それからさっとそのタクシーに乗り込んだのです。タクシーを見送って、アパートメントまで一人で歩いて帰る途中、歩道に面したビルディングの出入り口のあたりに、並んで寝転んでいるホームレスの人たちがいました。ちょうどその前を通りかかった時に、その中の一人が私に気がついて、低い声で話しかけてきました。「ずい分遅いじゃないか。こんな時間に一人で歩いて家に帰るなんて、二度とするんじゃないぞ!」

中西部出身のその若者は次の日に電話をかけてきました。私は電話口に出ませんでした。本当の紳士は彼ではなくて昨夜のホームレスの人の方だったということが分かったからです。

Annie Cofone

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
訳者注:
男の真価が問われる時、それは予期せぬかたちで突然やってくる。女はそれを見逃さない。
例えば今回の大震災のような非常時には、望むと望まざるとにかかわらず、数多くの男たちが、その真価を問われる状況に直面させられたことだろう。株を上げた者、下げた者、またそこに、悲喜こもごもの物語が数多く産まれたことだろう。。。
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://metropolitandiary.blog129.fc2.com/tb.php/533-977076c8

トラックバック

コメント

[C16]

ありがとうございます。そろそろ通常モードに戻ろうかと思っています。
  • 2011-05-12 20:07
  • metro
  • URL
  • 編集

[C15]

お久しぶりの更新ですね。
いつも楽しみにしています。
  • 2011-05-12 18:12
  • Unknown
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

metro

Author:metro
metro172をフォローしましょう
にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ
人気ブログランキングへ
Click here ↑↑ everyday. Thanks!!

当ブログはリンクフリーです

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。