Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://metropolitandiary.blog129.fc2.com/tb.php/545-de4c5a34

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Half-life(半減期)

「半減期 ー 日本の原子力発電所」
英誌、「エコノミスト」記事

「Half-life: Japan's nuclear plants」
May 20th 2011, 15:24 by K.N.C. | TOKYO :「The Economist」

東京電力という会社は、本来、世界最大の都市とその近傍に電力を供給するための会社であった。ところが、3月11日に福島原発を襲った地震と津波の大災害から10週間が経過して、東京電力という会社は電力供給というよりはむしろ、莫大な賠償金を支払いつづけることを主要業務とする会社へと変貌しつつある。

この会社はもはや抜け殻のような会社になってしまった。東電の株価は80%も下がった。格付け会社のS&Pとムーディーズの両社は東電の7兆円にも上る長期債務の格付けを、あと1ノッチでジャンク債というところまで格下げした。まだ詳細は検討中ということではあるが、政府が主導する東電の賠償計画は、今後何十年も先にまで及ぶものである。

5月20日に発表された東電の決算では、その赤字額が、金融セクターを除いた全産業の中で日本史上最大の、1兆2千億円に達した。しかもこの赤字額には2兆円にのぼるとみられる今後の賠償金額(東電と政府だけではなく、他の電力会社も支払いに応じさせられる可能性がある)は一切含まれていない。東電は電力供給に直接関わりのない資産をすべて売却し、海外進出計画も断念する。罪ほろぼしの意を表すために役員報酬の40%カットと、従業員給与を最大25%カットし、大きな批判を浴び続けてきた清水社長は退任することとなった。

政府も東電も決してそうだとは言わないが、これから先の東電は、民間企業というよりはむしろ政府の附属物に過ぎないものになるということは明らかだ。とはいえ、政府の考えというものの中には、明らかに先行きへの見通しや現実的な見方を欠いているものが散見される。閣僚の一人は東電に貸し付けを行っている銀行に対して、その債権の一部を放棄するよう要請した。そのような強制的債権放棄が今後日本の電力業界全体で必要になってくる設備投資、そしてそれに伴う資金需要に対して、どれほど悪影響を及ぼすことになるか、恐らく何も考慮することなどなかったのだろう。

東京から車でわずか3時間あまりの場所でおきている原発災害の現場からは、日を追うごとに、より悪いニュースが流れて来る。ごく最近になって、事故発生直後の16時間以内に、少なくとも一つ、悪くすれば三つの原子炉でメルトダウンが起きていたことが明らかにされた。このような事態に陥ることを避けてその後に続いた爆発などを起こさせないために必要な緊急措置はとられなかった。政府は真相解明のための調査委員会を設置することにしている。その委員会のメンバーには日本人以外の外国人も含まれる予定だ。そうすることによって、関係者にとって不都合な事実が発見された場合に、それが隠ぺいされることのないようにしようというのだ。

抜け殻になってしまったような東電から何か一つでも役に立つものを取り出そうというのが、分社化案だ。それは東電を発電会社と送電会社の二つに分割するというものだ。経産省の古賀氏はこのような分社化を行った後、送電会社を売却して賠償金支払いの原資にあて、発電会社を再上場させることを提案する。

日本ではたいていの場合そうなのだが、この問題についても政府内の意見は対立している。菅首相は彼の内閣で、エネルギー政策全般を見直す中で、発送電分離案についても、また電力会社の地域独占体制の見直しについても必要に応じて検討すると述べた。内閣の有力メンバーの一人である枝野官房長官はこれに同意して、発送電分離体制については諸外国の例をさらに研究したいと述べた。一方日本のエネルギー政策を管掌する経産省のトップ、海江田大臣は発送電分離案には反対だ。本誌のインタビューに応えて同氏は次のように述べた。「この件については、今、ただちに検討を開始するべきものとは思わない。分社化して責任まで分けてしまうようなことは極めて複雑な話しで簡単なことではない。そんなことよりももっとほかに緊急にやらなければならないことがたくさんある。まずもって東電と政府は今回の災害で被害を受けた人々に対して、しっかりした補償ができるようにしなければならない」」 もし仮に海江田大臣の意見の通りになるとすれば、東電は政府の監視下で運営される「賠償金支払い機構」と呼んで差し支えないような存在になるだろう。

【訳者注】
本記事のタイトルに使われている「half-life」という言葉は最近耳にする機会が増えた原子力関係の専門用語で「半減期」のこと。しかし、発送電分離案で会社を二つに分割することも検討されている東電の運命とを合わせて思い浮かべると、また違った味わいが出て来る。東電の「半減期」は果たして、あと何年か?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
Japan's nuclear plants
Half-life
May 20th 2011, 15:24 by K.N.C. | TOKYO

TEPCO, the Tokyo Electric Power Company, used to be in the business of supplying energy to the world's largest metropolis and its environs. Ten weeks after the disaster at its Fukushima nuclear power plant following the March 11th quake and tsunami, its primary activity is transforming into a massive financial-compensation vehicle, with a power company on the side.

The company has been reduced to a shell. Its shares have lost four-fifths of their value. Standard & Poor's and Moody's have downgraded its debt of around \7 trillion (about $85 billion) to just one notch above junk status. A government-ordered compensation plan, still being worked out, will see it making payouts far into the future.

On May 20th TEPCO posted the largest loss in Japanese corporate history outside of the financial sector, of \1.2 trillion. That does not include compensation payments (which are estimated at \2 trillion) by TEPCO, the government and possibly even other utility firms as well. TEPCO said it would sell all assets unrelated to supplying energy (such as property and cross-shareholdings) and halt its international plans. In a show of atonement, it cut the top brass's pay by 40% and workers' by as much as 25%. Its much-criticised president, Masataka Shimizu, stepped down.

Though neither the government nor TEPCO has said so, it is clear that the future of the firm is more as an appendage of the state than a business. Yet some of the government's ideas have highlighted its own lack of foresight and practical thinking. One cabinet minister demanded that Japanese banks write off a portion of TEPCO's debt―perhaps without considering what effect such a forced write-off might have on discouraging much-needed investment in the country's power-generating capacity.

Each day seems to bring worse news about the nuclear disaster playing out about a three-hour drive from Tokyo. It has recently been revealed that a meltdown in one and possibly three reactors occurred in the first 16 hours. Steps that could have prevented this or the subsequent explosions were never taken. The government plans to create an investigatory panel which is likely to include foreigners, in the hope that some outside scrutiny would make it harder to cover up embarrassing discoveries.

One way to salvage something useful from TEPCO might be to split it into two firms: one concerned with power generation and the other with power transmission. Shigeaki Koga, a trade-ministry official, proposes selling the transmission business to finance compensation claims and re-listing the generation business on the stockmarket.

As is often the case in Japan, the government is divided over this question. Prime Minister Naoto Kan has said that his cabinet will consider splitting TEPCO and reviewing Japan's energy monopolies when it devises a new energy policy this year. An influential cabinet member, Yukio Edano, agreed that Japan seeks to learn from other nations regarding structural separation. Banri Kaieda, Japan's economy and trade minister, who overseas energy policy, disagrees. "This is not something we should work on immediately," he told The Economist. "To divide responsibilities like that is a very complex business...But more than that, there are things we must do sooner. TEPCO and the government must make sure there is decent compensation to the people who have suffered." If he gets his way, TEPCO will become little more than a state-supervised indemnification mechanism.





関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://metropolitandiary.blog129.fc2.com/tb.php/545-de4c5a34

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

metro

Author:metro
metro172をフォローしましょう
にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ
人気ブログランキングへ
Click here ↑↑ everyday. Thanks!!

当ブログはリンクフリーです

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。