Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://metropolitandiary.blog129.fc2.com/tb.php/556-d81e36b2

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

いつまでも若くはない

Dear Diary:

私は毎朝グランド・セントラル駅から送り出される大量の通勤者軍団の一員だ。私の向かう先は通称タイムズ・スクェア。林立する高層ビルの間を縫ってオフィスへと向かう。ある朝のこと、交差点に近づくと、歩行者用の信号が点滅しだしたので、足を速めた。しかし、ちょうど交差点までたどりついたところで信号が変わってしまったので、残念だったがあわてて歩道の端で立ち止まった。

ちょうどそのとき、私の横から、私と似たような年恰好(50代半ばくらい)の男が歩道から車道にニ三歩踏みだして、そのまま走って渡ろうというような素振りを見せた。この街の歩行者なら(私も含めて)誰でもみんなそういうことを平気でやってもおかしくない。車道ではもうすぐ青信号に変わると承知の自動車の群れが、エンジン音を響かせ始めている。男は思い直して歩道へと戻ってきた。そのとき、私と目が合った。男は溜息を一つついて、「20年前ならな・・・」とつぶやいた。

Stephen Banker
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://metropolitandiary.blog129.fc2.com/tb.php/556-d81e36b2

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

metro

Author:metro
metro172をフォローしましょう
にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ
人気ブログランキングへ
Click here ↑↑ everyday. Thanks!!

当ブログはリンクフリーです

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。