Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://metropolitandiary.blog129.fc2.com/tb.php/6-b915ff44

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

バーナード・カレッジ

Dear Diary:

バーナード・カレッジ(マンハッタンにある名門女子大)の春学期が終わると、寮で暮らす学生たちが一斉に荷物をまとめて家路に向かう。その日はあいにくの雨だった。毎年恒例のことではあるけれど、娘の荷物を車に詰め込むために迎えに来た親たちの車が、通りに二重、三重駐車になってひしめきあっていた。

私と娘のサリーが、おびただしい数の小物を入れた袋や、奇妙な形のアクセサリーを入れた箱を、トランクや後部座席に押し込んでいる間、車のドアは開けっ放しにしてあった。車はブロードウェイに停めてある。従って、後ろから大きなトラックが近づいてきて、警笛を鳴らし、何か大声が聞こえ、運転手が手を振っているのが見えたとき、私は少しも驚きはしなかった。どんな悪罵をなげつけられるか、心の準備はできていたのだ。

ドライバーはわざわざ助手席側の窓を開けて、身体を斜めに倒しながら、我々に向かって、こう言った。「ダメ、ダメ、そういうやり方じゃダメだ。まずそのランプをフロントシートの方に置く、そっちの箱はトランクだ、いいかい、それからその敷物はもっと小さく丸めて後ろの座席の方に詰め込むんだ!」

本当に驚いた。極めて具体的で建設的なアドバイスだった。トラック運転手による、この予期せぬ思いやりのおかげで、そうでなければ、ニューヨークにありがちな陰鬱な一日であったろうこの日が、私たちにとって、とても心温まる、特別な一日になった!

Dr. J. E. Davis


関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://metropolitandiary.blog129.fc2.com/tb.php/6-b915ff44

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

metro

Author:metro
metro172をフォローしましょう
にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ
人気ブログランキングへ
Click here ↑↑ everyday. Thanks!!

当ブログはリンクフリーです

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。