Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://metropolitandiary.blog129.fc2.com/tb.php/619-5114f379

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

バラの花束

Dear Diary:

午後5時26分、ペンステーション発、ポート・ワシントン行きの電車の中で、真っ赤なバラの花束を置き忘れた紳士へ(私の中の男女観が、多分これは男性の忘れ物だろうと告げている):

私の家内はこの花束に大変感激してとても喜んだ。家内がこの素晴らしい花束にふさわしいキスを何度もしてくれた後、私は本当のことを話して聞かせた。終点の駅で乗客が降りた後、空っぽの車内に、この花束がポツンと、寄る辺なく置き去りにされていたのだ。持ち主の方に対して、お詫びを申し上げる。しかし、この花束にはどうしても「落し物預かり所」はふさわしくないと思えたのだ。もしも、本来この花束を受け取るはずだった人が、電車の中に忘れてきたんだというあなたの言い訳を信じてくれないでいるのだとしたら、いつでもこのつたない文章を見せてあげるといい。大事なのは気持ちっていうじゃないか。

Lloyd Herman

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
訳者注:
最後の一文、原文はこうです、「It is the thought that counts, right? 」

「it's the thought that counts」というのは成句です。贈り物について、その物自体の価値ではなく、それを「贈るという気持ち」、そっちの方がもっと大切という意味。
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://metropolitandiary.blog129.fc2.com/tb.php/619-5114f379

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

metro

Author:metro
metro172をフォローしましょう
にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ
人気ブログランキングへ
Click here ↑↑ everyday. Thanks!!

当ブログはリンクフリーです

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。