Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://metropolitandiary.blog129.fc2.com/tb.php/63-054fe650

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

25セント硬貨の価値


Dear Diary:

仕事を終えて家に向かって歩いていると、82丁目とマディソンアベニューの角で、カップを手に持ったホームレスの男と出会った。男は愛想よく小銭を所望した。私はポケットに手を入れて中から何枚かの硬貨をとりだした。そこにあったのはクオーター(25セント硬貨)ばかりだった。

ニューヨーカーなら誰でも知っていることだが、クオーターというのは、時として25セント以上の価値をもっている。コインランドリーや路上のパーキングメーター、市バスに乗ったり、公衆電話に駆け込まなければならないときなど、クオーターの価値は計り知れない。

私はポケットの中にクオーターを戻し、代わりに1ドル札を男に渡した。男はお礼を言い、こう続けた。

「クオーターを大事になさってるようで」

「そうなんだ、何枚あっても足りないくらいだね」

私がそう言うと男は、

「あっしはたくさん持ってますぜ」

と言いながら、カップの中から12枚のクオーターを取り出した。これは有難いと思い、三枚の1ドル札とそのクオーターを両替した。別れ際に男はこう言った。

「あっしの所にはいつでもたんまりクオーターがありますんで、必要な時はいつでも声をかけておくんなさい、だんな!」

多分、私はこれから何度もその男の世話になるだろう。もちろんこの両替には、いくらかの手数料がかかる訳だが、ビジネスはビジネス。それも当然のことと言える。

Leonid Poretsky
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://metropolitandiary.blog129.fc2.com/tb.php/63-054fe650

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

metro

Author:metro
metro172をフォローしましょう
にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ
人気ブログランキングへ
Click here ↑↑ everyday. Thanks!!

当ブログはリンクフリーです

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。