Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://metropolitandiary.blog129.fc2.com/tb.php/652-43ac030d

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

ジェンダー・ポーラライゼーション

Dear Diary:

8歳になる私の娘は、この夏初めて、泊まりがけのサマーキャンプに出かけた。娘の通う学校からは同級生の男の子が一人参加していた。二人はキャンプですっかり仲良くなったようで、最終日のファイナル・ナイト・パーティーでは、その男の子が娘のエスコート役をつとめてくれたようだ。

新学年が始まって、新しいクラス分けの表を持って帰ってきたので、ちょっと見てみると、そこにその男の子の名前が載っていることに気づいた。そこで晩ご飯の時にさりげなく娘に聞いてみた。「サマーキャンプの時のあの子と同じクラスになったんだねえ。ハローって挨拶できたかい?」 これに対して娘は、がっかりした顔をして、次のような返事をしたのだった。

「全然ダメなのよお父さん、このクラスね、ジェンダーでポーラライズ(二極分化)されてるの!」

Ran Kohn

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
訳者注:
お嬢さんのセリフ、原文はこうです、「“No, Daddy! The class is gender polarized.”」 
なかなかの言い回しじゃないですか。8歳の子供がこんな言い回しをするとは、さすがニューヨークです。

「gender polarization (ジェンダー・ポーラライゼーション)」というのは男女間の性差について二極分化、つまり男は男、女は女という考え方で、もちろん最近はこういう考え方を否定し乗り越えるという文脈で使われることが多いようです。

このケース、新学年の初日で新しいクラスになって、男の子と女の子がそれぞれ意識しあって、互いに口も聞かないまま一日が終わってしまったものと思われます。ま、次の日からはみんな普通に仲良くなるに決まっています。それにしても8歳の女の子がこんな言葉を使うとは、やはりアメリカのジェンダー教育はすごいなと。
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://metropolitandiary.blog129.fc2.com/tb.php/652-43ac030d

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

metro

Author:metro
metro172をフォローしましょう
にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ
人気ブログランキングへ
Click here ↑↑ everyday. Thanks!!

当ブログはリンクフリーです

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。