Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://metropolitandiary.blog129.fc2.com/tb.php/719-14ba2405

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

大規模除染への期待と不安

「除染活動に対する期待と不安」、ニューヨーク・タイムズ、2011年12月6日

"Japan Split on Hope for Vast Radiation Cleanup"

By MARTIN FACKLER, December 6, 2011

福島県の双葉町は現代のゴースト・タウンだ。しかし、ここは例えば金鉱ラッシュのような大きなブームの後、急にさびれて見捨てられたゴーストタウンという訳ではない。しかも日本の東北地方を襲ったあの地震と津波のせいだけでこうなったのだとばかりも言いきれない。

3月、この町にある原子力発電所が事故を起こし、大災害へと事態が深刻化していくのにともなって、住民は避難を余儀なくされた。人が住まなくなった木造の民家は徐々に傷みが激しくなってきている。地震のせいで雨漏りがするようになった屋根から雨水が入り込み、家屋はその内側から朽ち果てようとしている。

この町の入口にあたる場所の道路の上に架けられたアーチには、今では皮肉としか言いようのない大きな標語が書かれている。それは「原子力正しい理解で豊かなくらし」というものだ。

今回の原発事故で避難したのは双葉町から避難した人々を含む約9万人だ。それは福島第一原子力発電所から20キロ圏内の住民と、事故直後にセシウムとヨウ素を大量に含む放射性プルームが流れていった原発から北西方向の一定の地域に住む人々である。

今日本では、このような避難住民が、住んでいた元の場所に帰れるように、世界でも例のない、大がかりな除染作業に取り組もうとしている。

この地域が再び居住可能になるかかどうかについての議論、すなわち、現在試験的に行われている除染作業に効果が認められると言えるのかどうかは、これから日本の再生プランを描くためのヨリ大きな論争の前哨戦と位置づけられるものだ。こうした除染作業を行うことの支持者は、この地域を再生させるべく努力することこそが、日本の再生に取り組む不退転の決意とそのための高度な技術力を内外に示す好機になるという。今回の災害にもかかわらず、日本は偉大な国であるということを示す証になるというのである。

彼らにとって、「除染活動」は「日本の再生」そのものなのだ。

一方、除染に対して批判的な人々は、福島県を除染するという試みは恐らく日本における過去最大級の無駄な公共投資に終わるだろう反論している。日本では過去数十年間にわたって巨額の無駄な公共投資が続けられ、経済の低迷が続いてきた。それと同じようなことが、この3・11後の日本において、再び繰り返されようとしているというのだ。

原発事故が起きてから今日まで、政府の態度は一定のパターンを踏襲してきた。政府はその危険性をただちには認めようとせず、拙速に安全宣言を出し、災害の深刻さを極力小さく見せようとあの手この手を駆使てきた。試験的に行われ始めた除染活動は早くも立ち往生している。除染作業の結果、取り除かれた大量の汚染土は別の場所に保管されなければならないが、その汚染土の受け入れ先住民からの強い抵抗に直面しているのだ。

しかも、集中的に除染作業が行われた地域の放射線量を計測した専門家によると、その計測結果は除染後であるにもかかわらず、長期にわたって居住可能とされる国際的放射線安全基準の上限を超えていたという。

住民が地元へ帰れるようにするべきだということを強く主張する人々の中でさえも、政府は人々に対して、実態がどれほど深刻かということについて、いまだに本当のことをきちんと説明していないと訴える人がいる。

「私は福島を救うことは可能だと信じている」東京大学アイソトープ総合センター長の児玉龍彦教授はこのように述べる、「しかし、皆さん、それは皆さんの生きている間に実現することではないということを受け容れなければなりません」

日本が検討している除染計画がどれほど大規模なものかイメージをつかむために、こう考えてみて欲しい。避難した住民が元の場所に安全に帰って来られるようにするためには、そこにある何万という建物から除放射性物質を取り除き、コネチカット州と同じくらいの広さの土地の表土を削り取らなければならないということなのだ。

木々に覆われた山間部の除染さえも必要になるだろう。山林の皆伐や、木々の表皮を文字通り削り落とすような除染が必要とされるかも知れない。

1986年に起きたチェルノブイリ原発事故は、福島原発の事故よりも大きなの唯一の原発事故だったわけだが、その事故の後、ソビエト政府は汚染地域に広がる広大な農地を放棄することにし、約30万人にのぼる人々を汚染地域から別の場所に移住させることにした。

多くの日本政府関係者は、国土の狭い日本においてはそのような方策を選ぶ余地はないと信じているようだ。避難地域に指定されている土地の広さは人口稠密なこの国の面積の3%にも達している。

避難地域に指定された町の一つ大熊町の渡辺利綱町長は、次のように述べた。「ここはチェルノブイリとは違う。我々は必ず町に戻るんだと決心している。日本にはその決意とそれを可能にする技術力がある」

このように堅い決意は日本の田舎の地域住民にしばしばみられる地元に対する深い愛着の現れである。渡辺氏の一族は先祖代々、大熊町に19代にわたって住み続けてきたという。こうした避難住民の願い、必ず町に戻るんだという心からの強い願いは国中の共感を呼んでおり、これに反対する意見を述べることは容易ではない。

しかしながら、一方ではこうした動きに対して静かな抵抗が芽生え始めているのも事実だ。避難を余儀なくされた人々の間からも、そして、除染作業の効果事態が疑問視される中、それに対してあまりにも膨大な費用を掛け過ぎることになるのではないかということを心配する人々の間からも。

地元自治体や一部の学者が唱える、事故を起こした原発の周辺地域においても、いずれ安全に暮らすことができるようになるだろうという耳当たりの良い説明は、希望的観測に基づくものでしかない。

どの程度の低線量放射線被曝が人の命を縮めるほどの健康リスクをもたらすかということについては、まだ誰にも分かっていない。このことが意味するのは、この放射線汚染地域で暮らす日本人たちは、今後、格好の研究対象になるということだ。日本人が放射線被曝の人体に及ぼす影響についてのテストケースとなるのは、広島・長崎の原爆投下以来、過去70年間で2度目のことである。

日本政府は、政府が責任を持って除染するのは避難地域に指定された地域に限ると言明した。しかし、それ以外の地域においても、自治体はすでに除染活動を始めている。

環境省は、双葉町を含む20キロ圏内の地域において、今後二年間で放射線量のレベルを除染によって半分にまで引き下げると宣言した。これは比較的容易な目標だ。なぜなら半減期の短い放射性ヨウ素が急速に減って行くからだ。ヨリ大きな疑問は、国際放射線防護委員会(ICRP)が定める年間1ミリ・シーベルト以下という一般公衆に対して許容される年間被曝量の上限を達成するために、一体、どれくらいの時間がかかるのかということだ。今後数十年もの間、放射線を発し続けるセシウム137を取り除いていかなければならないということを考えると、これは本当に気の滅入る話しだ。

試験的な除染活動の実行はすでに計画よりも数ヶ月遅れている。これはドーム球場にして33杯分に及ぶであろう除染後に生じる汚染土の保管場所が決まらないからである。避難地域の自治体でさえそうした汚染土の受け入れを拒否している。

放射線の専門家である山内知也神戸大学教授は、福島市内の家屋で入念な除染を行った後、その家の室内の放射線量を計測したところ、除染前に比べてわずか25%しか放射線量が下がっていなかったという結果を得た。このことは、福島市の一部では、たとえ除染後であっても、その放射線量はICRPが定める上限の放射線量の4倍にも達するということである。

山内教授は、「これまでの(除染の)努力は失敗だったと結論づけるしかない」と述べた。

その中心部が原発から24キロほどのところに位置する小さな町、南相馬は、除染活動の限界を知るのに格好の場所かも知れない。

南相馬市では、元々の人口約7万人のうち、原発事故の後、避難してまだ戻ってきていない住民の数が約3万人にのぼる。その人達が以前と同じように戻って来て暮らせるように、市では学校や公園そして体育館など十数ヶ所の除染をすでに終えた。数日前のある日の朝、ブルドーザーとダンプトラックが何台か列を連ねて、町のサッカー場や野球のグラウンドに赤茶色の土を運び込み、表面を新たに覆いつくした。元からあった表土は削り取られ、そうして出てきた汚染土はサッカー場の端に掘った深い穴に埋められた。現場で指揮をとるサクラ・マサヒロさんは、こうした措置により、この場所の放射線量はたしかに大幅に低下したと言う。しかし、これで不安がなくなったわけではない。なぜなら、市内のほかの多くの場所は、少なくとも今後二年間、除染が行われるメドが立っていないからだ。

サクラ氏には三人の女のお子さんがいる。子供たちを外に出すのは学校に行く時だけと決めていて、公園で遊ぶときは表土を入れ替えた公園でしか遊ばせないという。同氏は「こんな風にして暮らすっていうのは、実際のところどうなんでしょうねえ」とつぶやいた。

20キロ圏内の地域においては事態はさらに深刻である。ここでは場所によっては510ミリ・シーベルト/年の放射線量が計測されている。これは避難地域に指定される基準線量の25倍だ。

自治体から示された将来の帰還計画案に対しては、避難した住民の間ですでに賛否両論、大きな亀裂が生じている。大熊町から避難した11500人のうち多くの人々は100kmほど離れた場所に設置されたプレハブの仮設住宅に住んでいる。この仮設住宅に住む人達の間でまさにそうした意見の相違が表面化している。

大熊町の渡辺町長は、町の住民が3年から5年以内に皆元通りに戻って来れるような計画を作り上げるよう陣頭指揮をとっている。町の西側、比較的汚染度の低い農地に新たな建物などを建設して新たなまちづくりをしようというのだ。

最近行われた町長選挙で渡辺氏は再選されたばかりだが、対抗馬として住民全員の移住を訴えた候補も小さな子供を持つ親などを中心に多くの支持を集めた。そうした支持者の一人、イケダ・ミツエさんは、もう絶対元の家に戻って住むことはないと語る。検査の結果、彼女の8歳の息子ユウマ君がセシウムを内部被曝していることが明らかになって、特にその思いを強くしたという。

イケダさんは「あまりにも危険過ぎます。どうやって暮らせばいいんでしょう? 一日中フェイスマスクをつけたままで暮らせっていうんですか?」と訴える。

ほかの多くの避難住民と同様、彼女も政府の姿勢を厳しく非難する。政府は補償金の支払いを避けるために除染に固執しているというのだ。

これとは対照的に、高齢者の人々は地元へ戻ることを認めるべきだと訴える。

70歳のツカモト・エイイチさんは「放射線よりタバコを吸う事のほうが危険じゃよ」という。ツカモト氏は福島第一原発で40年間、作業員として働いてきた。「わしらは大熊町を世界に向けたモデルにすればいいのだ。原発事故の後、どうやって地域を町を再建したかというモデルに」

しかし、政府による除染活動を支持する放射線の専門家、児玉教授でさえ次のように指摘する。たとえ除染活動で成果が上がったとしてもそこに若い人達が戻ってこなければ、そのような成果はうつろな中身のないものであるし、長続きもしないだろうと。児玉教授は、政府がコミュニティの再建を始めるには、まず最初にこれまでの言い逃れや責任回避の姿勢などによって失われた住民からの信頼を取り戻すことから始めるべきだと言う。

「福島を救うというのはお金と意気込みさえあればいいというものではい。将来への展望、信頼というものが必要なのです」と児玉教授は語る、「高齢者だけが戻ってきても、意味がないのです」

--------------------------------------------------------------------------------

December 6, 2011


Japan Split on Hope for Vast Radiation Cleanup

By MARTIN FACKLER


FUTABA, Japan — Futaba is a modern-day ghost town — not a boomtown gone bust, not even entirely a victim of the devastating earthquake and tsunami that leveled other parts of Japan’s northeast coast.

Its traditional wooden homes have begun to sag and collapse since they were abandoned in March by residents fleeing the nuclear plant on the edge of town that began spiraling toward disaster. Roofs possibly damaged by the earth’s shaking have let rain seep in, starting the rot that is eating at the houses from the inside.

The roadway arch at the entrance to the empty town almost seems a taunt. It reads:

“Nuclear energy: a correct understanding brings a prosperous lifestyle.”

Those who fled Futaba are among the nearly 90,000 people evacuated from a 12-mile zone around the Fukushima Daiichi plant and another area to the northwest contaminated when a plume from the plant scattered radioactive cesium and iodine.

Now, Japan is drawing up plans for a cleanup that is both monumental and unprecedented, in the hopes that those displaced can go home.

The debate over whether to repopulate the area, if trial cleanups prove effective, has become a proxy for a larger battle over the future of Japan. Supporters see rehabilitating the area as a chance to showcase the country’s formidable determination and superior technical skills — proof that Japan is still a great power.

For them, the cleanup is a perfect metaphor for Japan’s rebirth.

Critics counter that the effort to clean Fukushima Prefecture could end up as perhaps the biggest of Japan’s white-elephant public works projects — and yet another example of post-disaster Japan reverting to the wasteful ways that have crippled economic growth for two decades.

So far, the government is following a pattern set since the nuclear accident, dismissing dangers, often prematurely, and laboring to minimize the scope of the catastrophe. Already, the trial cleanups have stalled: the government failed to anticipate communities’ reluctance to store tons of soil to be scraped from contaminated yards and fields.

And a radiation specialist who tested the results of an extensive local cleanup in a nearby city found that exposure levels remained above international safety standards for long-term habitation.

Even a vocal supporter of repatriation suggests that the government has not yet leveled with its people about the seriousness of their predicament.

“I believe it is possible to save Fukushima,” said the supporter, Tatsuhiko Kodama, director of the Radioisotope Center at the University of Tokyo. “But many evacuated residents must accept that it won’t happen in their lifetimes.”

To judge the huge scale of what Japan is contemplating, consider that experts say residents can return home safely only after thousands of buildings are scrubbed of radioactive particles and much of the topsoil from an area the size of Connecticut is replaced.

Even forested mountains will probably need to be decontaminated, which might necessitate clear-cutting and literally scraping them clean.

The Soviet Union did not attempt such a cleanup after the Chernobyl accident of 1986, the only nuclear disaster larger than that at Fukushima Daiichi. The government instead relocated about 300,000 people, abandoning vast tracts of farmland.

Many Japanese officials believe that they do not have that luxury; the evacuation zone covers more than 3 percent of the landmass of this densely populated nation.

“We are different from Chernobyl,” said Toshitsuna Watanabe, 64, the mayor of Okuma, one of the towns that was evacuated. “We are determined to go back. Japan has the will and the technology to do this.”

Such resolve reflects, in part, a deep attachment to home for rural Japanese like Mr. Watanabe, whose family has lived in Okuma for 19 generations. Their heartfelt appeals to go back have won wide sympathy across Japan, making it hard for people to oppose their wishes.

But quiet resistance has begun to grow, both among those who were displaced and those who fear the country will need to sacrifice too much without guarantees that a multibillion-dollar cleanup will provide enough protection.

Soothing pronouncements by local governments and academics about the eventual ability to live safely near the ruined plant can seem to be based on little more than hope.

No one knows how much exposure to low doses of radiation causes a significant risk of premature death. That means Japanese living in contaminated areas are likely to become the subjects of future studies — the second time in seven decades that Japanese have become a test case for the effects of radiation exposure, after the bombings of Hiroshima and Nagasaki.

The national government has declared itself responsible for cleaning up only the towns in the evacuation zone; local governments have already begun cleaning cities and towns outside that area.

Inside the 12-mile ring, which includes Futaba, the Environmental Ministry has pledged to reduce radiation levels by half within two years — a relatively easy goal because short-lived isotopes will deteriorate. The bigger question is how long it will take to reach the ultimate goal of bringing levels down to about 1 millisievert per year, the annual limit for the general public from artificial sources of radiation that is recommended by the International Commission on Radiological Protection. That is a much more daunting task given that it will require removing cesium 137, an isotope that will remain radioactive for decades.

Trial cleanups have been delayed for months by the search for a storage site for enough contaminated dirt to fill 33 domed football stadiums. Even evacuated communities have refused to accept it.

And Tomoya Yamauchi, the radiation expert from Kobe University who performed tests in Fukushima City after extensive remediation efforts, found that radiation levels inside homes had dropped by only about 25 percent. That left parts of the city with levels of radiation four times higher than the recommended maximum exposure.

“We can only conclude that these efforts have so far been a failure,” he said.

Minamisoma, a small city whose center sits about 15 miles from the nuclear plant, is a good place to get a sense of the likely limitations of decontamination efforts.

The city has cleaned dozens of schools, parks and sports facilities in hopes of enticing back the 30,000 of its 70,000 residents who have yet to return since the accident. On a recent morning, a small army of bulldozers and dump trucks were resurfacing a high school soccer field and baseball diamond with a layer of reddish brown dirt. Workers buried the old topsoil in a deep hole in a corner of the soccer field. The crew’s overseer, Masahiro Sakura, said readings at the field had dropped substantially, but he remains anxious because many parts of the city were not expected to be decontaminated for at least two years.

These days, he lets his three young daughters outdoors only to go to school and play in a resurfaced park. “Is it realistic to live like this?” he asked.

The challenges are sure to be more intense inside the 12-mile zone, where radiation levels in some places have reached nearly 510 millisieverts a year, 25 times above the cutoff for evacuation.

Already, the proposed repatriation has opened rifts among those who have been displaced. The 11,500 displaced residents of Okuma — many of whom now live in rows of prefabricated homes 60 miles inland — are enduring just such a divide.

The mayor, Mr. Watanabe, has directed the town to draw up its own plan to return to its original location within three to five years by building a new town on farmland in Okuma’s less contaminated western edge.

Although Mr. Watanabe won a recent election, his challenger found significant support among residents with small children for his plan to relocate to a different part of Japan. Mitsue Ikeda, one supporter, said she would never go home, especially after a medical exam showed that her 8-year-old son, Yuma, had ingested cesium.

“It’s too dangerous,” Ms. Ikeda, 47, said. “How are we supposed to live, by wearing face masks all the time?”

She, like many other evacuees, berated the government, saying it was fixated on cleaning up to avoid paying compensation.

Many older residents, by contrast, said they should be allowed to return.

“Smoking cigarettes is more dangerous than radiation,” said Eiichi Tsukamoto, 70, who worked at the Daiichi plant for 40 years as a repairman. “We can make Okuma a model to the world of how to restore a community after a nuclear accident.”

But even Mr. Kodama, the radiation expert who supports a government cleanup, said such a victory would be hollow, and short-lived if young people did not return. He suggested that the government start rebuilding communities by rebuilding trust eroded over months of official evasion.

“Saving Fukushima requires not just money and effort, but also faith,” he said. “There is no point if only older people go back.”
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://metropolitandiary.blog129.fc2.com/tb.php/719-14ba2405

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

metro

Author:metro
metro172をフォローしましょう
にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ
人気ブログランキングへ
Click here ↑↑ everyday. Thanks!!

当ブログはリンクフリーです

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。