Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://metropolitandiary.blog129.fc2.com/tb.php/745-382feba3

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

標識

DEAR DIARY:

ニューヨークの街なかにある標識には誤解を招きやすいものがあって、慣れない人たちを困らせてしまうことがあります。

ある日、二番街のバス停でバスを待っていると、二人のご婦人がそばに立っている標識をまじまじと見つめていました。二人は何かスエーデン語のような外国語で会話をしていたのですが、どうも標識に書いてあることに困惑している様子でした。私は外国からの旅行客には親切にしなきゃと思って、助け舟を出すことにしました。

「ええ、ほんとにこの標識っておかしいわよね。『No Standing』って書いてあるけど、これ、『No Parking』っていう意味なの。駐車禁止ってこと。ここに立ってちゃいけないっていう意味じゃないから、ちっとも気にしなくていいんですよ」

その次の週、同じバス停でバスを待っていて、たまたま隣にいた人にこのエピソードを話して聞かせたら、その人、完璧なブリティッシュ・アクセントで、自分も似たようなことを経験したことがあるって、こんな話を聞かせてくれたんです。

「初めて『No Strollers』という標識を見たときには驚いたわ。『さっさと歩くこと』っていう意味かと思ったの」(下記、訳注参照)

Marilyn Levine

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ


No-Standing-Anytime-Parking-Sign-K-2666.gif

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
訳者注:
「stroller」というのは「ベビーカー」のことです。「"No Strollers"」というのは「ベビーカー禁止」という意味の標識です。ベビーカー禁止の標識は図書館や駅の構内とかで時々見かけます。ところがこの言葉の本来の意味は「ぶらぶら歩く人」なのです。このブリティッシュ・アクセントのご婦人は「stroller」が米国ではベビーカーのことを指すとは知らなくて、「ここでぶらぶら歩きまわるべからず」つまり、ここでは「さっさと歩くこと」という意味の標識だと勘違いしてしまったというわけです。

一方、「No Standing」の標識はバス停の近くでよく見かけますが、その意味するところは実は「No Parking」よりももっと厳しいです。参考までに駐車禁止に関する三種類の標識の意味を掲げておきます。

No Parking:駐車禁止。ただし荷物の積み降ろし、速やかな人の乗り降りのための停車は可。
No Standing:駐車禁止。荷物の積み降ろしのための停車禁止、速やかな人の乗り降りのための停車は可。
No Stopping:停車禁止。荷物の積み降ろし、人の乗り降りのための停車いずれも禁止。もちろん駐車も禁止。
「Parking Regulations 」、New York City Department of Transportation

ちなみに私がニューヨークで実際に見たことのある、一番インパクトの強かった道路標識はこれです。
dont_even_think_of_parking_here.jpg
ここに駐車しようなんて考えることすら禁止というわけです。実に強烈なメッセージではありませんか。

関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://metropolitandiary.blog129.fc2.com/tb.php/745-382feba3

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

metro

Author:metro
metro172をフォローしましょう
にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ
人気ブログランキングへ
Click here ↑↑ everyday. Thanks!!

当ブログはリンクフリーです

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。