Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://metropolitandiary.blog129.fc2.com/tb.php/769-5b06b339

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

「フォーリンアフェアーズ」誌掲載:菅直人前首相による寄稿

Former Japanese PM Naoto Kan on the Fukushima Disaster
A Changing View of Nuclear Power
By Naoto Kan March 8, 2012 Foreign Affairs

日本の菅直人前首相による福島の大災害についての寄稿

「原子力発電に対する見解の変化」菅直人 2012年3月8日 「フォーリンアフェアーズ」

私の父はエンジニアだった。私が子供の頃、父はプロメテウスのお話しを聞かせてくれたことがある。人間に火を扱う知恵を教えたプロメテウスに対してゼウスが怒りを募らせたという、あの有名なギリシャ神話だ。火を扱う知恵は同時に災厄をもたらすことも可能なのだ。怒りにかられたゼウスは罰としてプロメテウスを岩につなぎ留め、生きながらにしてその肝臓をハゲタカがついばむに任せるという責め苦を与えた。今日、原子力テクノロジーの発展について思いをいたすとき、私はこの話を思い出さずにいられない。これこそまさに現代における火を扱う知恵だからだ。

大学で科学と工学を学んだ私は、それ以来ずっと一貫して、核兵器廃絶を目的としたフォーラムであるパグウォッシュ会議に賛同してきた(パグウォッシュ会議は1993年、ノーベル平和賞を受賞した)。それはなぜかと言えば、核兵器がもつ無差別大量殺人を可能にする力と、人々の幸福に資するためという科学の目的とが、根本的に相容れないものだからである。換言すれば、核兵器というものは人間性の本質と矛盾するものだということだ。実際のところ、このような懸念を抱いたということこそが、私自身が政治家を目指した主たる理由であったのだ。

福島第一原発で事故が起きるかなり以前から、原子力発電の安全性と放射性廃棄物処理について、未解決の重大な諸問題が存在していることを私は承知していた。私としてはこれらの問題はテクノロジーによって克服され得るという立場をとってきた。適切な安全措置を講ずることによって、原子力発電所は安全に稼働し、賢く利用することができるだろう。特に近年は、グローバルな気候温暖化を阻止するために、原子力発電は、大気を汚染し化石燃料を使用する発電所に対しての効果的な代替物であった。事実、福島以前、日本は原子力発電所のネットワークをさらに拡げる計画を持っていたのである。

そして、2011年3月11日午後2時46分、私が総理大臣を務めていた時に、東北大地震が起きた。福島第一で稼働中であった原発はすべてただちに緊急停止された、そこでの原子力発電は中断した。地震の1時間後、東京電力(東電)から、福島第一の敷地内にあるいくつかの発電機が全電源喪失の状態にあると記した報告を受けた。さらにその1時間後、冷却機能を停止させる事故が起きた。地震が送電線を支える鉄塔を倒壊させていたのだ。海水によるダメージにより、非常用のディーゼル発電機も使えなくなっていた。すべての電源が失われていたのだ。

全電源喪失と冷却機能の停止はメルトダウンを引き起こし、原子炉の破壊と放射性物質の大気への大量流出という、さらに深刻な事態へと繋がるかもしれないということを、私は充分認識していた。我々は出来る限りの予防措置をとった。しかし、全電源喪失という事態に対しての我々の事前の準備は全く不十分であったことが明らかになった。その後の5日間で、1号機、2号機そして3号機がメルトダウンした。1号機、3号機、4号機の建屋内では水素爆発が起こった。それぞれの建屋内には使用済み核燃料を保管するための使用済み核燃料プールが設置されているが、ある時点においては、この使用済み核燃料プールでもメルトダウンが起きる可能性があった。もし仮に使用済み核燃料プールがメルトダウンした場合は大量の放射性物質が大気中に放出されていただろう、そしてそれが継続するようであれば、東京も含む首都圏全体の人々の避難が必要となっただろう。

もし仮に、原子炉と使用済み核燃料の両方が制御不能に陥っていたとしたら、恐らくチェルノブイリ事故の数倍にも達するとんでもない量の放射性物質が大気中にばらまかれて、その影響は近隣諸国にまで及んだことだろう。このようなことが起こることを阻止することが、国家としての、我々の責任であった。私はこの問題を解決するために、私の命を含むいかなる代償を払ってでも、最後の最後まで戦うということを決意した。

目に見えない、放射能という恐怖が東京を覆い尽くした。東京は我が国の政治経済の中枢だ。首都圏には約3000万人の人々が住んでいる。この人たちを全て避難させるということの影響は甚大であっただろう。政治的影響のみならず、経済そして人命にどれほどの影響が及んだか、それは計り知れないほど大きなものであっただろう。

幸いにして、東電、自衛隊そして消防と警察の皆さんが、文字通り命がけの努力で、原子炉及び使用済み核燃料プールへの注水作業を続けてくれたおかげで、さらなるメルトダウンが避けられ、事態はコントロール可能な状態へと落ち着くことができた。破局的な災害になるかもしれないという極めて危険な事態はこのようにしてギリギリのところで回避された。

この事故は見えない敵との戦いだった。最悪ケースのシナリオでは日本という国に深刻な被害をもたらすと同時に、近隣諸国にも大きな迷惑がもたらされたであろう。

今回起きたような災厄がニ度と起きないようにするために必要な安全策のあれこれについて、私は真剣に考えてきた。しかしながら、生じ得るリスクの大きさと、これらの対策を比較考量した場合、どんなにたくさんの予防策をとったとしても、原子力エネルギーから国を絶対安全にすることなどできはしないということは明白である。したがって私は、唯一の選択肢は原子力発電のない社会を築くことを推し進めることだという結論に達したのである。こうして私の政権下では日本の原子力発電への依存度を引き下げるよう政策変更を行い、その政策は現在の政権においても基本的には引き継がれている。

さらに、安全なレベルになるまで崩壊するのに10万年以上の間、人類から隔離されなければならないという高濃度放射性廃棄物の最終処分問題という深刻な問題がある。遠い未来には国家や国境が今とはまるで違っているようになっているという可能性もある。したがって、これら最終処理の問題をそれぞれの国にそれぞれ独自にゆだねてよいものかどうかということを議論する必要がある。

同時にこの高濃度放射性廃棄物問題は「世代間倫理」問題をも提示する:我々は将来の世代にこの重荷を背負わせるべきなのだろうか?

福島での事故にも関わらず、新しい原子力発電所の建設計画の数は多い。中国やインドといった新興国はその増大する電力需要を原子力発電所の新設でまかなおうとしている。それが核兵器である場合は、核拡散防止条約が明確なルールを確立している。しかし、原子力発電所の場合は、その安全性ということについては不十分な権限しかない。大まかに言って、一国の原子力政策は核兵器の製造を含まない限り、その運用及びコントロールに関してはその国のみの責任によってなされるものとされている。同様に、原子力発電所関連技術の輸出は多くの場合、単なるビジネスの案件であって、国際的な安全保障問題とはみなされていない。

現時点での趨勢においては2030年までに既存の432の原子力発電所に加えて、さらに少なくとも100の原子力発電所が建設される見通しである。このように予想される増加とともに、シビアアクシデントに対する保護を保証する国際機関を設立することなくして果たして世界の安全は確保できるのかどうかという問題と、高濃度放射性廃棄物の最終処分の安全性問題が、私の心に重くのしかかっている。

原子力発電所に関する国際的ルールについてはIAEAのような原子力発電に関する国際機関レベルによってのみ議論されるべきではなく、国際連合レベルで議論されるべきである。

福島での事故は地震と津波の結果による全電源喪失によって引き起こされたものだが、これ以外の原因、例えばテロ、内戦、戦争などによっても同様な結果を招き得る。福島原発での事故から我々が学んだ教訓を活かして、日本はすべてのエネルギー需要を原子力又は化石燃料に頼らないで済むような国のモデルになるべきである。

結論として、私は、すべての国々が協力して原子力発電所の安全性と高濃度放射性廃棄物処理についての国際ルールの新たな枠組みを真剣に考慮することを訴えたい。こうしたことを行わない場合のコストはあまりにも甚大で最終的には誰にも負担し切れないものとなろう。


人気ブログランキングへ  
にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

以下原文

My father was an engineer, and when I was a child, he told me the story of Prometheus, a famous Greek myth in which Zeus grows angry at Prometheus for giving humans the wisdom of fire, knowledge capable of bringing on disaster. As punishment, Zeus chains Prometheus to a rock, where an eagle pecks incessantly at his liver. Today, I cannot help but remember that story when I think about the development of nuclear technology, a modern-day incarnation of the wisdom of fire.
In college, I studied science and technology, and ever since, I have had a great admiration for the Pugwash conferences, a forum dedicated to the elimination of nuclear weapons (the group won the Nobel Peace Prize in 1993). That is because nuclear weapons, which have the power to kill large numbers of people indiscriminately, are fundamentally at odds with the purpose of science, which is to contribute to people's well-being. To put it another way: Nuclear weapons contradict the very nature of humanity. In fact, this concern was the major reason why I aspired to be a political leader.
Long before the accident at the Fukushima Daiichi nuclear power plant, I knew there were serious unresolved issues regarding the safety of nuclear power and the disposal of radioactive waste. I took the position that these issues could be overcome by technology. With adequate safeguards, nuclear power plants could be operated safely and utilized wisely. Especially in recent years, in order to prevent global warming, nuclear power has been an effective replacement to power plants that feed on fossil fuels and pollute the atmosphere. In fact, before Fukushima, Japan had a plan to expand its network of nuclear plants.
Then, while I was serving as prime minister, the Tohoku earthquake occurred at 2:46 PM on March 11, 2011. Immediately, all reactors in operation at Fukushima Daiichi were shut down; nuclear activity there came to a halt. An hour after the earthquake, I received a report from Tokyo Electric Power Company (TEPCO) stating that several power generators at the Fukushima site were experiencing a total loss of power. An hour after that, there was an accident that suspended the cooling function. The earthquake had toppled the steel towers supporting power transmission lines. Saltwater damage rendered the emergency diesel generators inoperable. All power sources had been lost.
I was fully aware that total power loss and the suspension of cooling functions could then cause a meltdown and lead to further serious accidents such as the destruction of the reactor and the release of radioactive materials into the atmosphere. We took every possible precaution, but our preparedness against total power loss proved insufficient. Over the next five days, Units 1, 2, and 3 melted down. Later, hydrogen explosions occurred inside the building of Units 1, 3, and 4. Fuel pools, used to store spent fuel, adjoin each reactor, and at one time, there was a possibility of the meltdown of this fuel pool, too. In the event of the meltdown of the fuel pools, a large amount of radioactive materials would have been discharged into the atmosphere, and if it continued, the evacuation of the entire metropolitan area, including Tokyo, might have been necessary.
If the reactors and spent fuel pools had gotten out of control, an enormous amount of radioactive material, possibly even several times more than the Chernobyl accident, would have been discharged into the atmosphere, impacting neighboring countries. To prevent this from happening was our responsibility as a nation. I was determined to fight to resolve the accident until the very end and at any cost, including the risk of my own life.
The invisible menace of radioactivity would have seized Tokyo. The city is our nation's political and economic nerve center. Some 30 million people live in the metropolitan area. The impact of evacuating them all would have been immense. The impact on not only political matters but also the economy and human lives would have been immeasurable.
Fortunately, thanks to the life-risking efforts by TEPCO personnel, Japan's Self-Defense Forces, and local fire and police departments, injecting water into the reactors and fuel pools prevented further meltdowns and brought the entire accident under control. A very bad situation was narrowly prevented from becoming an accident of catastrophic proportions.
This accident was a war with an invisible enemy. The worst case scenario would have brought serious harm to the nation of Japan as well as a considerable inconvenience to its neighbors.
I have thought very hard about the types of safety measures necessary to prevent any such disaster from happening again. However, when one weighs these measures against the tremendous risks, it is clear that no amount of precautions will make a country completely safe from nuclear energy. I have reached the conclusion, therefore, that the only option is to promote a society free of nuclear power. My administration, as a result, changed its policy to reduce Japan's dependency on nuclear power, and the current administration is basically following the same policy.
Furthermore, the final disposal of high-level radioactive waste, which needs to be isolated from humans for more than 100,000 years before decaying to a safe level, is a serious issue. Far into the future, it is possible that current nations or boundaries could look very different. Therefore, we need to address whether responsibility for final disposal should rest solely with each nation. Although the International Atomic Energy Agency (IAEA) currently states that the onus lies with each country, many nations, including Japan, do not have any clear solutions.
At the same time, this high-level radioactive waste problem presents a "generation ethics" issue: should we leave our burdens to future generations?
Despite the accident at Fukushima, plans abound for new nuclear power plants. Emerging nations such as China and India propose to meet their increased energy demands with new nuclear power. When it comes to nuclear weapons, the Nuclear Nonproliferation Treaty established clear rules. However, with regard to nuclear power, there are insufficient mandates when it comes to safety. In large part, so long as a country's nuclear program does not involve weapons production, its operation and control are considered to be the responsibility of that state alone. Likewise, the export of nuclear power plant technology is also often just a business issue, not one of international security.
At the current rate, by the year 2030, the world can anticipate at least 100 more nuclear power plants in addition to the 432 already in existence. With this expected increase, the problems of whether the safety of the world can be secured without establishing an international institution to guarantee protection against severe accidents and the safety of final disposal of high-level radioactive waste weigh heavy on my mind.
International rules regarding nuclear power plants should be discussed not only at the international organizational level on nuclear power such as the IAEA but also at the level of the United Nations.
While the Fukushima accident was caused by a total loss of power as a result of the earthquake and tsunami, other means -- such as terrorism, civil war, or war against other countries -- could bring about the same result. Taking advantage of the lessons we learned from the Fukushima nuclear power plant accident, Japan should become a model country that is able to supply all its energy needs without depending upon nuclear power or fossil fuels.
In conclusion, I would like to suggest that every nation seriously consider a new framework for international rules regarding the safety of nuclear power plans and the disposal of high-level of radioactive waste. The costs of not doing so could ultimately be far too much to bear.
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://metropolitandiary.blog129.fc2.com/tb.php/769-5b06b339

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

metro

Author:metro
metro172をフォローしましょう
にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ
人気ブログランキングへ
Click here ↑↑ everyday. Thanks!!

当ブログはリンクフリーです

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。