Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トップレス

July 16, 2012
Venus Rising From the Sidewalk
By ELAINE BERMAN

venusrising.jpg
Victor Kerlow

Dear Diary,

水曜日の夕方5時半頃のことでした。サードアヴェニューを南に歩いていると、上半身裸の若い女性が向こうから歩いてきました。彼女はまったく落ち着いた表情で、ごく普通に歩いていました。

まわりの人々の反応はほとんどありません。彼女の後について行く人もなく、立ち止まってまじまじと見つめる人もいませんでした。例外は、72丁目のそばで、お店の前にいた若い男性が店内にいた友人に向かって早く出てこいよと声をかけたのと、別の男性が眉をひそめて「なんて下品な格好だ!」とつぶやいたのが聞こえたくらいでした。

彼女とすれ違ってそのまま70丁目の交差点で信号待ちをしていると、30代くらいの女性グループと隣り合わせになりました。皆さん、たった今目にしたショッキングな光景について笑いながら語り合っていました。そのうちの一人が「私たち、今、そこですごい人見ちゃったんです・・・」と話しかけてきました。

「ええ、私も見ましたよ」と答えて、この珍しい体験について楽しく語り合いました。グループの中で一番ショックを受けていたのはカリフォルニアからやってきたという女性で、カリフォルニアでは「細いヒモのビキニで歩きまわる人はいるけれど、あんなのは絶対あり得ないわ!」と憤慨していました。

これはいけない、このままでは私の愛するニューヨークの街が誤解されてしまう、カリフォルニアに帰って、皆に、ニューヨークでは女性はトップレスで平気で街を歩くのよ、なんて言われてしまう。

そこで私は「こんなこと、ニューヨークでは当たり前って絶対思わないでね。この街でトップレスの女性が歩いているのを見たなんて、この年になるまでなかったことよ。今日が初めてなのよ」と一生懸命説明しました。

彼女、私の言うことを信じてくれたかどうか、自信はありません。

人気ブログランキングへ  
にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
訳者注:
さてこのエントリー、実際のところはどうなんでしょうか? よく拝見させていただいているニューヨーク情報ブログ「ニューヨークの遊び方」の最近のエントリーにこんなのがあったんです。「ニューヨークの街角にトップレス姿の女性が増えるかも???」

これによるとニューヨークの街角では本当にトップレスの女性が増えつつあって、中には「男女平等」「女性がトップレスになる権利」を主張してデモまで行われているというじゃありませんか(もちろんトップレスで)。

「法改正により、現在、ニューヨーク州では公共の場で女性がトップレスになるのは合法。でも、アメリカ国内には違法の州もあるので、憲法が保障する女性の権利を守って、遅れてる州の州法を改正しよう!!!っていう主張・・・。」なんだそうです。

ふ~む、このエントリーを投稿した高齢らしき女性は多分この動きを知らなかったんでしょうねえ。やっぱりニューヨークはすごい!!
関連記事

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

metro

Author:metro
metro172をフォローしましょう
にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ
人気ブログランキングへ
Click here ↑↑ everyday. Thanks!!

当ブログはリンクフリーです

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。