Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

無神経な乗客

July 20, 2012
The Clumsy Commuter
By DAVID DYTE

Dear Diary:

ある日の朝、いつもの通勤電車に乗っていたときのことだった。電車はいつものように混み合っていた。たまたま私の隣に並んで立っていた男が、まあ、周りのことがまるで眼中にないというタイプの、最悪の男だった。

何かバッグの中に探し物があるらしく、通路に片膝をついてバッグを大きく広げてごそごそやりだした。ただでさえ混雑している通路の半分以上を占拠した。ようやく立ち上がって通路が通れるようになったところで、その横を通り抜けようとした乗客がいた。ちょうどそのとき急に男が吊皮を握ろう腕をあげた。運悪くその乗客の胸に男の肘がまともにぶつかった。

男の前の座席に座っていた別の乗客は、降りる準備を整えて席から立ち上がったのだが、そこから出口へ向かうのに、頭を低くして身をかがめて、その男の脇の下をくぐりぬけなければならなかった。

さて、どうしたものだろう。私はつらつらと思いをめぐらせた。ここに、公共の乗り物の中で、他の乗客の迷惑など全く顧みない無神経な男がいる。こういう輩に対しては、他のニューヨーク市民に迷惑をかけさせないようにするための、なにか特別なレッスンを受けさせるということが、緊急かつ切実に必要とされているのではないだろうか・・・。

電車がウォール・ストリート駅に着くと男は出口に向かった。そのときその男が着ていたフリースの背中のロゴが目に入った。「N.Y.C. Department of Transportation(ニューヨーク市運輸局)」と書いてあった。。。

人気ブログランキングへ  
にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ
関連記事

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

metro

Author:metro
metro172をフォローしましょう
にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ
人気ブログランキングへ
Click here ↑↑ everyday. Thanks!!

当ブログはリンクフリーです

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。