Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://metropolitandiary.blog129.fc2.com/tb.php/82-227359d7

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

教訓


Dear Diary:

11月6日は、レブロン・ジェイムス(NBAのスーパースター)が、今シーズン唯一、マジソンスクェアガーデンに登場する日だ。ルームメイトと僕は、これは絶対見逃せないと決心した。

僕は一時間前に会場について、ダフ屋からチケットを手に入れようと、あたりを見渡した。幾人ものダフ屋が会場の入り口に通じる広場にたむろしていた。そのうちの一人に目星をつけて、尋ねた、

「400番台(コートから一番遠い安い席)のチケット2枚、160ドルで買いたいんだけど」

「一番安いやつだな、180ドルだ!」

返事を聞いて僕は背を向けて立ち去った。きっとその男が後ろから呼びとめて追いかけてきてくれるものと期待しつつ。しかし、そうはならなかった。

気を取り直して、広場の端の方にいた、別のダフ屋に声をかけると、その男は300番台(2番目に遠い席)のチケットを2枚、ややこしいかけひきもなく、あっさりと160ドルで売ってくれた。男に金を渡した後、何かうまく行き過ぎだ、ひょっとするとこのチケット、偽造なのかもと心配になった。

ルームメイトが到着したので、一緒に会場の入り口でチケットを渡した。係員が一枚ずつ機械に通す。1枚は本物。そしてもう1枚は・・・ニセモノだった。

いい教訓になったよ。

Jing Lin
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://metropolitandiary.blog129.fc2.com/tb.php/82-227359d7

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

metro

Author:metro
metro172をフォローしましょう
にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ
人気ブログランキングへ
Click here ↑↑ everyday. Thanks!!

当ブログはリンクフリーです

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。