Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

セントラルパーク川柳

September 12, 2012
Central Park Senryu
By BARBARA HANTMAN

Dear Diary:

キックスクーター
とめて坊やが聞き入る
ママの読む本

Damselette toddler
With mom stops scooter, listens:
Poetry reading.

人力車
ブロンド二人に手を貸す
いなせなロシア青年

Bicycle rickshaw:
Lithe Russian man gives promo
Two blondes climb aboard.

馬のいななき、バギー、赤い花
セントラルパークで
セカンドハネムーン

Horse, buggy, red blooms,
Whinnying; turn into park
Second honeymoon.

ハスの葉、スイレン、若者たち
日差しを遮る
ベセスダの噴水

Bethesda Fountain:
Lily pads, lotus, young folks
Seals sunning on steps.
newyork_25.jpg


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
訳者注:
これは「Senryu」なんだそうです。これまでにもこのニューヨーク・タイムスのコラムでは「Haiku」が投稿されることはめずらしいことではありませんでしたが、「Senryu」と銘打った投稿が登場したのは私の知る限り初めてです。「俳句」と「川柳」の違いといえば日本では多分「季語」のあるなしに関わるのだと思いますが、米国ではどのように使い分けているのでしょう? 気になるところです。

日本文学の一つのジャンルとして「俳句(haiku」」は結構知られていて、名句の英訳を学ぶにとどまらず、自作に取り組む愛好者も少なくないようです。そういう中で、「これは『俳句』というよりは『川柳』だね」と誰かが指摘したのかもしれませんね。

haiku なのか senryu なのかは別にして、日本生まれのユニークな「三行詩」が英語圏で受け入れられ静かに根付いてきているというのも愉快なことではありませんか。

ということで翻訳に挑戦しましたが、まったく自信がありません。完全に意味を取り違えている恐れさえあります。作者に申し訳ないので原文とともにのせておきます。

ご興味のある方は以前登場した「Haiku」のエントリーの拙訳もご覧になってみてください。

当ブログ内、Haiku 関連エントリー
関連記事

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

metro

Author:metro
metro172をフォローしましょう
にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ
人気ブログランキングへ
Click here ↑↑ everyday. Thanks!!

当ブログはリンクフリーです

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。