Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

生きる

December 14, 2012
An Encounter With a Red-tailed Hawk
By MATTHEW KASSEL

diary-redtail-cityroom-blog480.jpg
Matthew Kassel


Dear Diary:

ブルックリンのパークスロープにある歴史博物館、「オールドストーンハウス」の外で、一羽のアカオノスリ(red-tailed hawk)が飛んでいるのを見た。するどい足の爪で、捕獲したばかりのリスをしっかりと掴んでいる。リスの身体からは血が流れており、眼は閉じていた。

通りがかりの人たちは立ち止まり、その様子に眼をやった。一瞬、リスの表情が何か悲しげなものであるかのように私には感じられたが、その気持ちもそれほど長続きはしなかった。

何枚かの写真を撮って、鷹がリスをついばみ始めたところで、私はまた歩き始めた。

人気ブログランキングへ  
にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
訳者注:
アカオノスリ(red-tailed hawk)は、北米で最もよく見られるタカの仲間です。その名の通り、尾羽根が赤いのが特徴。大都会ニューヨークでも時折見かけるようです。

アカオノスリの素晴らしい写真がたくさんのっているサイト

同じくアカオノスリの目撃談として、こんな過去エントリーもありますので、興味のある方はご覧になって下さい。
関連記事

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

metro

Author:metro
metro172をフォローしましょう
にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ
人気ブログランキングへ
Click here ↑↑ everyday. Thanks!!

当ブログはリンクフリーです

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。