Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

新たな結婚観

March 19, 2013
Committed, Sort Of
By JOHANNA HENRY


Dear Diary:

チェルシーの地下鉄の入り口で、ふと聴こえてきた会話。

「そうよ、私たち、完璧な一夫一婦制というわけじゃないの。一夫一婦制的な関係ってわけ」

人気ブログランキングへ  
にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
訳者注:
本日の投稿は極めて短いものなので、全文を下記に記します。

Overheard entering a Chelsea subway station:

“We’re not monogamous; we’re monogamish.”

「monogamous」というのは夫と妻それぞれ互いに一人だけを認める一夫一婦制の婚姻制度。これに対する語は「polygamous」で一夫多妻または一妻多夫。

「monogamish」というのは造語。本来そういう活用形がない単語に「-ish」とつけることによって「~的な」とか、「~っぽい」といったニュアンスを出す用法。

「monogamish」な婚姻形態とは、原則としては一夫一婦制ではあるものの、それにガチガチに縛られるわけではなく、お互いに納得の上で、たまにはそれぞれ第三者とのお付き合いも認め合うという関係のこと。

この言葉(というかこのような関係)は、Urban dictinary にも記載されているくらいなので、結構広まっているんでしょうねえ。「monogamish
関連記事

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

metro

Author:metro
metro172をフォローしましょう
にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ
人気ブログランキングへ
Click here ↑↑ everyday. Thanks!!

当ブログはリンクフリーです

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。