Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://metropolitandiary.blog129.fc2.com/tb.php/94-fa44f911

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

惻隠の情

Dear Diary:

ある月曜日の朝、いつも立ち寄るミッドタウンのベーグルショップが火事で大変なことになっているところへ出くわして、びっくりした。消防車が何台もあたりをとり囲んで消火作業に当たっている。店の従業員が道路の反対側からその様子を不安げに見つめていた。店の入り口からはどす黒い煙が流れ出していた。

いつもはその店でベーグルとコーヒーの簡単な朝食を済ませてオフィスに向かうのだが、しょうがないので、角を曲がると、一軒のカフェテリアが通常通りに営業していた。燃えているお店からそれほど離れているわけではない。消防車のサイレンが鳴り響き、消防士が歩道を駆けていく。

お店の入り口には順番待ちの行列ができていた。そのお客たちの表情は一様に不安げで、しかも申し訳なさそうに見えた。「すまんね、そちらは火事で大変だとは思うけど、こっちもこれから仕事なんでね」とでも言わんばかりに。

冷静沈着で鳴るニューヨークの消防隊員も、さすがにこの光景を目にすると、苦笑しながら通り過ぎるのだった。

で、私だが、その日は朝食を抜くことにしたのは言うまでもない。

Andrew O’Connor
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://metropolitandiary.blog129.fc2.com/tb.php/94-fa44f911

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

metro

Author:metro
metro172をフォローしましょう
にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ
人気ブログランキングへ
Click here ↑↑ everyday. Thanks!!

当ブログはリンクフリーです

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。